研究成果

論文発表

2018

Production and detection of fission-induced neutrons following fast neutron direct interrogation to various dry materials containing \(^{235}\)U
A. Sakoda, Y. Nakatsuka, Y. Ishimori, S. Nakashima, M. Komeda, A. Ozu, Y. Toh
Journal of Nuclear Science and Technology, Vol. 55[6], pp.605–613 (2018)

2017

廃棄物ドラム缶のウラン量を短時間で精度良く定量できる革新的アクティブ中性子非破壊測定技術; 高速中性子直接問いかけ法の実用化
大図 章、米田 政夫、呉田 昌俊、中塚 嘉明、中島 伸一
日本原子力学会誌, Vol. 59[12], pp.700–704 (2017)

Materials and Life Science Experimental Facility (MLF) at the Japan Proton Accelerator Research Complex, 2; Neutron scattering instruments
K. Nakajima, Y. Kawakita, S. Ito, J. Abe, K. Aizawa, H. Aoki, H. Endo, M. Fujita, K. Funakoshi, W. Gong, M. Harada, S. Harjo, T. Hattori, M. Hino, T. Honda, A. Hoshikawa, K. Ikeda, T. Ino, T. Ishigaki, Y. Ishikawa, H. Iwase, T. Kai, R. Kajimoto, T. Kamiyama, N. Kaneko, D. Kawana, S. Kawamura, T. Kawasaki, A. Kimura, R. Kiyanagi, K. Kojima, K. Kusaka, S. Lee, S. Machida, T. Masuda, K. Mishima, K. Mitamura, M. Nakamura, S. Nakamura, A. Nakao, T. Oda, T. Ohara, K. Oishi, H. Oshita, K. Oikawa, T. Otomo, A. Sano, K. Shibata, T. Shinohara, K. Soyama, J. Suzuki, K. Suzuya, A. Takahara, S. Takata, M. Takeda, Y. Toh, S. Torii, N. Torikai, N. Yamada, T. Yamada, D. Yamazaki, T. Yokoo, M. Yonemura, H. Yoshizawa
Quantum Beam Science (Internet), Vol. 1[3], pp.9_1–9_59 (2017)

Study of the neutron multiplication effect in an active neutron method
M. Komeda, A. Ozu, T. Mori, Y. Nakatsuka, M. Maeda, M. Kureta, Y. Toh
Journal of Nuclear Science and Technology, Vol. 54[11], pp.1233–1239 (2017)

Photonuclear reactions triggered by lightning discharge
T. Enoto, Y. Wada, Y. Furuta, K. Nakazawa, T. Yuasa, K. Okuda, K. Makishima, M. Sato, Y. Sato, T. Nakano, D. Umemoto, H. Tsuchiya
Nature, Vol. 551[7681], pp.481–484 (2017)

Intermediate-spin states of \(^{92}\)Zr and a large \(B(E2)\) value between the \(10_1^+\) and \(8_1^+\) states
M. Sugawara, Y. Toh, M. Koizumi, M. Oshima, A. Kimura, T. Kin, Y. Hatsukawa, H. Kusakari
Physical Review C, Vol. 96[2], pp.024314_1–024314_7 (2017)

Development of a correction method for the time-of-flight prompt \(\gamma\)-ray analysis
M. Huang, Y. Toh, M. Ebihara, A. Kimura, S. Nakamura
Journal of Applied Physics, Vol. 121[10], pp.104901_1–104901_7 (2017)

2016

Measurement of the isomer production ratio for the \(^{112}\)Cd(\(n,\gamma\))\(^{113}\)Cd reaction using neutron beams at J-PARC
T. Hayakawa, Y. Toh, M. Huang, T. Shizuma, A. Kimura, S. Nakamura, H. Harada, N. Iwamoto, S. Chiba, T. Kajino
Physical Review C, Vol. 94[5], pp.055803_1–055803_6 (2016)

LaBr\(_3\) \(\gamma\)-ray spectrometer for detecting \(^{10}\)B in debris of melted nuclear fuel
M. Koizumi, H. Tsuchiya, F. Kitatani, H. Harada, J. Heyse, S. Kopecky, W. Mondelaers, C. Paradela, P. Schillebeeckx
Nuclear Instruments and Methods in Physics Research A, Vol. 837, pp.153–160 (2016)

「第5回ANNRI研究会」会議報告
中村 詔司、藤 暢輔、木村 敦、片渕 竜也
核データニュース(インターネット)[115], pp.49–60 (2016)

Population and decay of a \(K^{\pi}\) = 8\(^{-}\) two-quasineutron isomer in \(^{244}\)Pu
S. Hota, S. Tandel, P. Chowdhury, I. Ahmad, M. P. Carpenter, C. J. Chiara, J. P. Greene, C. R. Hoffman, E. G. Jackson, R. V. F. Janssens, B. P. Kay, T. L. Khoo, F. G. Kondev, S. Lakshmi, S. Lalkovski, T. Lauritsen, C. J. Lister, E. A. McCutchan, K. Moran, D. Peterson, U. Shirwadkar, D. Seweryniak, I. Stefanescu, Y. Toh, S. Zhu
Physical Review C, Vol. 94[2], pp.021303_1–021303_5 (2016)

Design and burn-up analyses of new type holder for silicon neutron transmutation doping
M. Komeda, M. Arai, K. Tamai, K. Kawasaki
Applied Radiation and Isotopes, Vol. 113, pp.60–65 (2016)

高速中性子直接問いかけ法による実廃棄物ドラム缶のウラン量非破壊測定システムの実用化研究
大図 章、米田 政夫、呉田 昌俊、在間 直樹、中塚 嘉明、中島 伸一
日本原子力学会和文論文誌, Vol. 15[2], pp.115–127 (2016)

\(^{77}\)Se(\(\gamma\),n)断面積測定と\(^{79}\)Se(n,\(\gamma\))断面積の不確かさ評価
北谷 文人
核データニュース(インターネット)[114], pp.44–49 (2016)

Measurement of the \(^{77}\)Se(\(\gamma\), n) cross section and uncertainty evaluation of the \(^{79}\)Se(n, \(\gamma\)) cross section
F. Kitatani, H. Harada, S. Goko, N. Iwamoto, H. Utsunomiya, H. Akimune, H. Toyokawa, K. Yamada, M. Igashira
Journal of Nuclear Science and Technology, Vol. 53[4], pp.475–485 (2016)

J-PARC/ANNRIにおける即発\(\gamma\)線分析法開発
藤 暢輔、海老原 充、M. Huang、木村 敦、中村 詔司、原田 秀郎
放射化学[33], pp.1–9 (2016)

2015

Numerical evaluation of the light transport properties of alternative He-3 neutron detectors using ceramic scintillators
A. Ozu, M. Takase, M. Haruyama, N. Kurata, N. Kobayashi, M. Kureta, T. Nakamura, K. To, K. Sakasai, H. Suzuki, K. Soyama, M. Seya
Nuclear Instruments and Methods in Physics Research A, Vol. 798, pp.62–69 (2015)

「第4回ANNRI研究会」会議報告
中村 詔司、藤 暢輔、木村 敦、片渕 竜也
核データニュース(インターネット)[112], pp.7–19 (2015)

Development of a measurement system for the determination of (\(n,\gamma\)) cross-sections using multi-nucleon transfer reactions
H. Makii, S. Ota, T. Ishii, Y. Wakabayashi, K. Furutaka, K. Nishio, I. Nishinaka, S. Chiba, M. Igashira, A. Czeszumska
Nuclear Instruments and Methods in Physics Research A, Vol. 797, pp.83–93 (2015)

BL04「ANNRI」における元素分析法の開発
藤 暢輔、M. Huang、木村 敦、中村 詔司、原田 秀郎、海老原 充
四季, Vol. 28 (2015)

大強度パルス中性子ビームを用いた新しい非破壊元素分析法の開発
藤 暢輔、海老原 充、M. Huang、木村 敦、中村 詔司、原田 秀郎
Isotope News[736], pp.22–26 (2015)

Generalized analysis method for neutron resonance transmission analysis
H. Harada, A. Kimura, F. Kitatani, M. Koizumi, H. Tsuchiya, B. Becker, S. Kopecky, P. Schillebeeckx
Journal of Nuclear Science and Technology, Vol. 52[6], pp.837–843 (2015)

Misassigned neutron resonances of \(^{142}\)Nd and stellar neutron capture cross sections
T. Katabuchi, T. Matsuhashi, K. Terada, M. Igashira, M. Mizumoto, K. Hirose, A. Kimura, N. Iwamoto, K. Hara, H. Harada, J. Hori, T. Kamiyama, K. Kino, F. Kitatani, Y. Kiyanagi, S. Nakamura, Y. Toh
Physical Review C, Vol. 91[3], pp.037603_1–037603_5 (2015)

中性子核反応測定装置ANNRI
藤 暢輔、木村 敦、中村 詔司
波紋, Vol. 25[1], pp.67–75 (2015)

Compact neutron sources for energy and security
M. Uesaka, H. Kobayashi, M. Kureta, S. Nakatsuka, K. Nishimura, M. Igashira, J. Hori, Y. Kiyanagi, K. Tagi, T. Seki, T. Fujiwara, Y. Otake, T. Kurihara, M. Hirabayashi, T. Mitsumoto
Reviews of Accelerator Science and Technology, Vol. 8, pp.181–207 (2015)

2014

Impact of systematic effects on results of neutron resonance transmission analysis
H. Tsuchiya, H. Harada, M. Koizumi, F. Kitatani, J. Takamine, M. Kureta, H. Iimura, A. Kimura, B. Becker, S. Kopecky, K. Kauwenberghs, W. Mondelaers, P. Schillebeeckx
Nuclear Instruments and Methods in Physics Research A, Vol. 767, pp.364–371 (2014)

Synergistic effect of combining two nondestructive analytical methods for multielemental analysis
Y. Toh, M. Ebihara, A. Kimura, S. Nakamura, H. Harada, K. Hara, M. Koizumi, F. Kitatani, K. Furutaka
Analytical Chemistry, Vol. 86[24], pp.12030–12036 (2014)

レーザー誘起ブレークダウン分光法の合金製造への応用
大図 章、舘 義昭、有田 裕二
レーザー研究, Vol. 42[12], pp.913–917 (2014)

エンジン内を駆け巡るオイルを可視化する
呉田 昌俊
波紋, Vol. 24[特別号], p.2 (2014)

中性子パワーで半導体をつくる
米田 政夫、川崎 幸三
波紋, Vol. 24[特別号], p.2 (2014)

Uncertainty assessment of neutron resonance transmission analysis using the linear absorption model
F. Kitatani, H. Harada, J. Takamine, M. Kureta, M. Seya
Journal of Nuclear Science and Technology, Vol. 51[9], pp.1107–1113 (2014)

アスベストと建築資材のレーザー誘起蛍光減衰比の比較研究
大図 章、江坂 文孝、安田 健一郎
分析化学, Vol. 63[7], pp.609–617 (2014)

中性子ビジュアルセンシング技術
呉田 昌俊、瀬川 麻里子
ぶんせき, Vol. 2014[6], pp.283–289 (2014)

In-beam \(\gamma\) spectroscopy of the even-even nucleus \(^{190}\)Pt
G. S. Li, M. L. Liu, X. H. Zhou, Y. H. Zhang, Y. X. Liu, N. T. Zhang, W. Hua, Y. D. Zheng, Y. D. Fang, S. Guo, J. G. Wang, Y. H. Qiung, B. Ding, L. Ma, M. Oshima, Y. Toh, M. Koizumi, A. Osa, Y. Hatsukawa, M. Sugawara
Physical Review C, Vol. 89[5], pp.054303_1–054303_9 (2014)

Neutron-sensitive ZnS/\(^{10}\)B\(_{2}\)O\(_{3}\) ceramic scintillator detector as an alternative to a \(^{3}\)He-gas-based detector for a plutonium canister assay system
T. Nakamura, A. Ozu, K. To, K. Sakasai, H. Suzuki, K. Honda, A. Birumachi, M. Ebine, H. Yamagishi, M. Takase, M. Haruyama, M. Kureta, K. Soyama, H. Nakamura, M. Seya
Nuclear Instruments and Methods in Physics Research A, Vol. 763, pp.340–346 (2014)

Core designs based on research reactors for neutron transmutation doping of silicon
M. Komeda, T. Obara
Annals of Nuclear Energy, Vol. 65, pp.338–344 (2014)

Energy resolution of pulsed neutron beam provided by the ANNRI beamline at the J-PARC/MLF
K. Kino, M. Furusaka, F. Hiraga, T. Kamiyama, Y. Kiyanagi, K. Furutaka, S. Goko, K. Hara, H. Harada, M. Harada, K. Hirose, T. Kai, A. Kimura, T. Kin, F. Kitatani, M. Koizumi, F. Maekawa, S. Meigo, S. Nakamura, M. Oi, M. Ota, M. Oshima, Y. Toh, M. Igashira, T. Katabuchi, M. Mizumoto, J. Hori
Nuclear Instruments and Methods in Physics Research A, Vol. 736, pp.66–74 (2014)

2013

J-PARC BL04中性子核反応測定装置(ANNRI)
原田 秀郎、木村 敦、藤 暢輔、中村 詔司
四季, Vol. 21 (2013)

A Monte Carlo simulation to study a design of a \(\gamma\)-ray detector for neutron resonance densitometry
H. Tsuchiya, H. Harada, M. Koizumi, F. Kitatani, J. Takamine, M. Kureta, H. Iimura
Nuclear Instruments and Methods in Physics Research A, Vol. 729, pp.338–345 (2013)

「第2回ANNRI研究会」開催報告
中村 詔司、藤 暢輔、木村 敦、片渕 竜也
核データニュース(インターネット)[106], pp.39–49 (2013)

\(\gamma\)-flash suppression using a gated photomultiplier assembled with an LaBr\(_{3}\)(Ce) detector to measure fast neutron capture reactions
K. Hara, H. Harada, Y. Toh, J. Hori
Nuclear Instruments and Methods in Physics Research A, Vol. 723, pp.121–127 (2013)

Photoneutron cross sections for Mo isotopes; A Step toward a unified understanding of(\(\gamma\),n) and (n,\(\gamma\))reactions
H. Utsunomiya, S. Goriely, T. Kondo, C. Iwamoto, H. Akimune, T. Yamagata, H. Toyokawa, H. Harada, F. Kitatani, Y.-W. Lui, A. C. Larsen, M. Guttormsen, P. E. Koehler, S. Hilaire, S. Péru, M. Martini, A. J. Koning
Physical Review C, Vol. 88[1], pp.015805_1–015805_6 (2013)

Evidence for rigid triaxial deformation at low energy in \(^{76}\)Ge
Y. Toh, C. J. Chiara, E. A. McCutchan, W. B. Walters, R. V. F. Janssens, M. P. Carpenter, S. Zhu, R. Broda, B. Fornal, B. P. Kay, F. G. Kondev, W. Królas, T. Lauritsen, C. J. Lister, T. Pawlat, D. Seweryniak, I. Stefanescu, N. J. Stone, J. Wrzesiński, K. Higashiyama, N. Yoshinaga
Physical Review C, Vol. 87[4], pp.041304_1–041304_5 (2013)

A New irradiation method with a neutron filter for silicon neutron transmutation doping at the Japan research reactor No. 3 (JRR-3)
M. Komeda, K. Kawasaki, T. Obara
Applied Radiation and Isotopes, Vol. 74, pp.70–77 (2013)

Signature splitting inversion and backbending in \(^{80}\)Rb
C. He, S. Shen, S. Wen, L. Zhu, X. Wu, G. Li, Y. Zhao, Y. Yan, Z. Bai, Y. Wu, Y. Li, G. Li, S. Yan, M. Oshima, Y. Toh, A. Osa, M. Koizumi, Y. Hatsukawa, M. Matsuda, T. Hayakawa
Physical Review C, Vol. 87[3], pp.034320_1–034320_10 (2013)

New production routes for medical isotopes \(^{64}\)Cu and \(^{67}\)Cu using accelerator neutrons
T. Kin, Y. Nagai, N. Iwamoto, F. Minato, O. Iwamoto, Y. Hatsukawa, M. Segawa, H. Harada, C. Konno, K. Ochiai, K. Takakura
Journal of the Physical Society of Japan, Vol. 82[3], pp.034201_1–034201_8 (2013)

Study on the burn-up characteristics of a thermal neutron filter containing B\(_{4}\)C particles for NTD-Si irradiation
M. Komeda, T. Obara
Annals of Nuclear Energy, Vol. 53, pp.35–39 (2013)

Cross-section measurement of \(^{237}\)Np\((n,\gamma)\) from 10 meV to 1 keV at Japan Proton Accelerator Research Complex
K. Hirose, K. Furutaka, K. Hara, H. Harada, A. Kimura, T. Kin, F. Kitatani, M. Koizumi, S. Nakamura, M. Oshima, Y. Toh, M. Igashira, T. Katabuchi, M. Mizumoto, T. Kamiyama, K. Kino, Y. Kiyanagi, J. Hori
Journal of Nuclear Science and Technology, Vol. 50[2], pp.188–200 (2013)

2012

Deep-sea record of impact apparently unrelated to mass extinction in the Late Triassic
T. Onoue, H. Sato, T. Nakamura, T. Noguchi, Y. Hidaka, N. Shirai, M. Ebihara, T. Osawa, Y. Hatsukawa, Y. Toh, M. Koizumi, H. Harada, M. Orchard, M. Nedachi
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America, Vol. 109[47], pp.19134–19139 (2012)

Rotational band properties of \(^{173}\)W
H. X. Wang, Y. H. Zhang, X. H. Zhou, M. L. Liu, B. Ding, G. S. Li, W. Hua, H. B. Zhou, S. Guo, Y. H. Qiang, M. Oshima, M. Koizumi, Y. Toh, A. Kimura, H. Harada, K. Furutaka, F. Kitatani, S. Nakamura, Y. Hatsukawa, M. Ota, K. Hara, T. Kin, J. Meng
Physical Review C, Vol. 86[4], pp.044305_1–044305_11 (2012)

Possible antimagnetic rotation band and neutron alignment in \(^{101}\)Pd
M. Sugawara, T. Hayakawa, M. Oshima, Y. Toh, A. Osa, M. Matsuda, T. Shizuma, Y. Hatsukawa, H. Kusakari, T. Morikawa, Z. G. Gan, T. Czosnyka
Physical Review C, Vol. 86[3], pp.034326_1–034326_11 (2012)

Characterization of Multiple Prompt Gamma-ray Analysis (MPGA) system at JAEA for elemental analysis of geological and cosmochemical samples
M. A. Islam, M. Ebihara, Y. Toh, Y. Murakami, H. Harada
Applied Radiation and Isotopes, Vol. 70[8], pp.1531–1535 (2012)

Spectroscopic study of \(^{63}\)Ni via cold neutron capture reaction, 1; Nuclear structure of \(^{63}\)Ni
M. Oshima, T. Kin, S. Nakamura, M. Homma, F. Minato, T. Hayakawa, K. Hara, A. Kimura, M. Koizumi, H. Harada, J. Goto, Y. Murakami
Journal of the Physical Society of Japan, Vol. 81[8], pp.084201_1–084201_15 (2012)

Neutron-capture cross-sections of \(^{244}\)Cm and \(^{246}\)Cm measured with an array of large germanium detectors in the ANNRI at J-PARC/MLF
A. Kimura, T. Fujii, S. Fukutani, K. Furutaka, S. Goko, K. Hara, H. Harada, K. Hirose, J. Hori, M. Igashira, T. Kamiyama, T. Katabuchi, T. Kin, K. Kino, F. Kitatani, Y. Kiyanagi, M. Koizumi, M. Mizumoto, S. Nakamura, M. Ota, M. Oshima, K. Takamiya, Y. Toh
Journal of Nuclear Science and Technology, Vol. 49[7-8], pp.708–724 (2012)

Total and partial photoneutron cross sections for Pb isotopes
T. Kondo, H. Utsunomiya, S. Goriely, I. Daoutidis, C. Iwamoto, H. Akimune, A. Okamoto, T. Yamagata, M. Kamata, O. Ito, H. Toyokawa, Y.-W. Lui, H. Harada, F. Kitatani, S. Hilaire, A. J. Koning
Physical Review C, Vol. 86[1], pp.014316_1–014316_7 (2012)

Feasibility study for the quantification of total protein content by multiple prompt \(\gamma\)-ray analysis
Y. Toh, Y. Murakami, K. Furutaka, A. Kimura, M. Koizumi, K. Hara, T. Kin, S. Nakamura, H. Harada
Applied Radiation and Isotopes, Vol. 70[6], pp.984–987 (2012)

Multi-intruder structures in \(^{34}\)P
P. C. Bender, S. L. Tabor, V. Tripathi, C. R. Hoffman, L. Hamilton, A. Volya, R. M. Clark, P. Fallon, A. O. Macchiavelli, S. Paschalis, M. Petri, M. P. Carpenter, R. V. F. Janssens, T. Lauritsen, E. A. McCutchan, D. Seweryniak, S. Zhu, C. J. Chiara, X. Chen, W. Reviol, D. G. Sarantites, Y. Toh
Physical Review C, Vol. 85[4], pp.044305_1–044305_10 (2012)

Development of a high-speed camera system for neutron imaging at a pulsed neutron source
M. Segawa, T. Kai, T. Sakai, M. Oi, M. Kureta
Nuclear Instruments and Methods in Physics Research A, Vol. 697, pp.77–83 (2012)

Measurements of Ir concentration in geological standard samples using neutron activation analysis with multiple \(\gamma\)-ray coincidence method
Y. Hatsukawa, T. Osawa, M. Oshima, Y. Toh, A. Kimura, M. Koizumi, K. Furutaka
Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry, Vol. 291[1], pp.143–145 (2012)

2011

Determination of the number of pulsed laser-Compton scattering photons
T. Kondo, H. Utsunomiya, H. Akimune, T. Yamagata, A. Okamoto, H. Harada, F. Kitatani, T. Shima, K. Horikawa, S. Miyamoto
Nuclear Instruments and Methods in Physics Research A, Vol. 659[1], pp.462–466 (2011)

Deuteron-production double-differential cross sections for 300- and 392-MeV proton-induced reactions deduced from experiment and model calculation
Y. Uozumi, Y. Sawada, A. Mzhavia, S. Nogamine, H. Iwamoto, T. Kin, S. Hohara, G. Wakabayashi, M. Nakano
Physical Review C, Vol. 84[6], pp.064617_1–064617_11 (2011)

Photoneutron cross sections for \(^{118-124}\)Sn and the \(\gamma\)-ray strength function method
H. Utsunomiya, S. Goriely, M. Kamata, H. Akimune, T. Kondo, O. Ito, C. Iwamoto, T. Yamagata, H. Toyokawa, Y.-W. Lui, H. Harada, F. Kitatani, S. Goko, S. Hilaire, A. Koning
Physical Review C, Vol. 84[5], pp.055805_1–055805_6 (2011)

多重即発\(\gamma\)線分析による環境中の微量元素分析
大島 真澄、松尾 基之、小豆川 勝見
応用物理, Vol. 80[11], pp.948–954 (2011)

Comparison of multiple prompt \(\gamma\)-ray analysis and prompt \(\gamma\)-ray analysis for the elemental analysis of geochemical and cosmochemical samples
M. A. Islam, M. Ebihara, Y. Toh, H. Harada
Analytical Chemistry, Vol. 83[19], pp.7486–7491 (2011)

Numerical simulation of turbulent flow of coolant in a test blanket module of nuclear fusion reactor
Y. Seki, Y. Onishi, A. Yoshikawa, H. Tanigawa, T. Hirose, A. Ozu, K. Ezato, D. Tsuru, S. Suzuki, K. Yokoyama, M. Enoeda, H. Tanigawa, M. Kureta
Progress in Nuclear Science and Technology (Internet), Vol. 2, pp.139–142 (2011)

Visualization of blurry images of liquid by multi-scale analysis
H. Miyamura, M. Kureta, M. Segawa, J. Kubo, T. Saito, Y. Suzuki, H. Takemiya
Visualization of Mechanical Processes (Internet), Vol. 1[3], p.8 (2011)

High-j proton alignments in \(^{101}\)Pd
H. B. Zhou, X. H. Zhou, Y. H. Zhang, Y. Zheng, M. L. Liu, N. T. Zhang, L. Chen, S. T. Wang, G. S. Li, H. X. Wang, B. Ding, X. G. Lei, Y. X. Guo, G. X. Dong, F. R. Xu, M. Oshima, Y. Toh, M. Koizumi, A. Osa, Y. Hatsukawa
European Physical Journal A, Vol. 47[9], pp.107_1–107_7 (2011)

Signature inversion in the 7/2\(^-\)[503] band of \(^{185}\)Pt
G. S. Li, X. H. Zhou, Y. H. Zhang, Y. Zheng, M. L. Liu, W. Hua, H. B. Zhou, B. Ding, H. X. Wang, X. G. Lei, S. Q. Zhang, Y. Shi, J. Meng, F. R. Xu, M. Oshima, Y. Toh, M. Koizumi, A. Osa, Y. Hatsukawa, M. Sugawara
Journal of Physics G; Nuclear and Particle Physics, Vol. 38[9], pp.095105_1–095105_9 (2011)

Measurement of neutron capture \(\gamma\) rays from the resonances of \(^{91}\)Zr and \(^{96}\)Zr at the J-PARC/MLF/ANNRI
J. Hori, K. Furutaka, S. Goko, H. Harada, A. Kimura, T. Kin, F. Kitatani, M. Koizumi, S. Nakamura, M. Ota, M. Oshima, Y. Toh, M. Igashira, T. Katabuchi, M. Mizumoto, T. Kamiyama, K. Kino, Y. Kiyanagi
Journal of the Korean Physical Society, Vol. 59[2], pp.1777–1780 (2011)

Design of a 4\(\pi\) LaBr\(_{3}\)(Ce) spectrometer for neutron capture cross section measurements
J. Goto, H. Harada, F. Kitatani, Y. Nagai, M. Oshima, M. Segawa, Y. Toh
Journal of the Korean Physical Society, Vol. 59[2], pp.1585–1588 (2011)

大強度パルス中性子を適用した中性子核反応測定装置ANNRI
原田 秀郎、木村 敦、大島 真澄
放射化学ニュース[24], pp.1–7 (2011)

Successful labeling of \(^{\rm 99m}\)Tc-MDP using \(^{\rm 99m}\)Tc separated from \(^{99}\)Mo produced by \(^{100}\)Mo(n,2n)\(^{99}\)Mo
Y. Nagai, Y. Hatsukawa, T. Kin, K. Hashimoto, S. Motoishi, C. Konno, K. Ochiai, K. Takakura, Y. Sato, Y. Kawauchi, N. Sato, A. Ota, H. Yamabayashi, M. Tanase, S. Fujisaki, T. Teranaka, N. Takeuchi, T. Igarashi
Journal of the Physical Society of Japan, Vol. 80[8], pp.083201_1–083201_4 (2011)

大強度中性子源を用いた中性子ビジュアルセンシング技術
呉田 昌俊、瀬川 麻里子、高峰 潤
可視化情報学会誌, Vol. 31[122], pp.116–121 (2011)

Measurement of \(^{76}\)Se and \(^{78}\)Se (\(\gamma\), n) cross sections
F. Kitatani, H. Harada, S. Goko, H. Utsunomiya, H. Akimune, H. Toyokawa, K. Yamada
Journal of Nuclear Science and Technology, Vol. 48[7], pp.1017–1024 (2011)

Photoneutron cross sections for Au revisited; Measurements with laser Compton scattering \(\gamma\)-rays and data reduction by a least-squares method
O. Ito, H. Utsunomiya, H. Akimune, T. Kondo, M. Kamata, T. Yamagata, H. Toyokawa, H. Harada, F. Kitatani, S. Goko, C. Nair, Y.-W. Lui
Journal of Nuclear Science and Technology, Vol. 48[5], pp.834–840 (2011)

Shape evolution in heaviest stable even-even molybdenum isotopes studied via coulomb excitation
K. Wrzosek-Lipska, M. Zielińska, K. Hadyńska-Klek, Y. Hatsukawa, J. Iwanicki, J. Katakura, M. Kisieliński, M. Koizumi, M. Kowalczyk, H. Kusakari, M. Matsuda, T. Morikawa, P. J. Napiorkowski, A. Osa, M. Oshima, D. Piȩtak, L. Próchniak, T. Shizuma, J. Srebrny, M. Sugawara, Y. Toh
International Journal of Modern Physics E, Vol. 20[2], pp.443–450 (2011)

Measurement of energy spectra and spatial distributions of neutron beams provided by the ANNRI beamline for capture cross-section measurements at the J-PARC/MLF
K. Kino, M. Furusaka, F. Hiraga, T. Kamiyama, Y. Kiyanagi, K. Furutaka, S. Goko, H. Harada, M. Harada, T. Kai, A. Kimura, T. Kin, F. Kitatani, M. Koizumi, F. Maekawa, S. Meigo, S. Nakamura, M. Oi, M. Ota, M. Oshima, Y. Toh, M. Igashira, T. Katabuchi, M. Mizumoto
Nuclear Instruments and Methods in Physics Research A, Vol. 626-627, pp.58–66 (2011)

レーザー誘起蛍光顕微分光法によるアスベストの識別
大図 章、江坂 文孝、安田 健一郎
分析化学, Vol. 60[1], pp.75–80 (2011)

JENDL-4.0; A New library for nuclear science and engineering
K. Shibata, O. Iwamoto, T. Nakagawa, N. Iwamoto, A. Ichihara, S. Kunieda, S. Chiba, K. Furutaka, N. Otsuka, T. Osawa, T. Murata, H. Matsunobu, A. Zukeran, S. Kamada, J. Katakura
Journal of Nuclear Science and Technology, Vol. 48[1], pp.1–30 (2011)

2010

Measurement of neutron capture cross section ratios of \(^{244}\)Cm resonances using NNRI
S. Goko, A. Kimura, H. Harada, M. Oshima, M. Ota, K. Furutaka, T. Kin, F. Kitatani, M. Koizumi, S. Nakamura, Y. Toh, M. Igashira, T. Katabuchi, M. Mizumoto, Y. Kiyanagi, K. Kino, M. Furusaka, F. Hiraga, T. Kamiyama, J. Hori, T. Fujii, S. Fukutani, K. Takamiya
Journal of Nuclear Science and Technology, Vol. 47[12], pp.1097–1100 (2010)

\(\gamma\)-ray strength function method and its application to \(^{107}\)Pd
H. Utsunomiya, S. Goriely, H. Akimune, H. Harada, F. Kitatani, S. Goko, H. Toyokawa, K. Yamada, T. Kondo, O. Ito, M. Kamata, T. Yamagata, Y.-W. Lui, I. Daoutidis, D. P. Arteaga, S. Hilaire, A. Koning
Physical Review C, Vol. 82[6], pp.064610_1–064610_5 (2010)

Proton-production double-differential cross sections for 300-MeV and 392-MeV proton-induced reactions
H. Iwamoto, M. Imamura, Y. Koba, Y. Fukui, G. Wakabayashi, Y. Uozumi, T. Kin, Y. Iwamoto, S. Hohara, M. Nakano
Physical Review C, Vol. 82[3], pp.034604_1–034604_8 (2010)

Ultra-high-speed image signal accumulation sensor
T. Eto, D. Son, T. Akino, T. Akino, K. Nishi, M. Kureta, M. Arai
Sensors (Internet), Vol. 10[4], pp.4100–4113 (2010)

Measurement of the \(^{80}\)Se(\(\gamma\), n) cross section using laser-Compton scattering \(\gamma\)-rays
F. Kitatani, H. Harada, S. Goko, H. Utsunomiya, H. Akimune, T. Kaihori, H. Toyokawa, K. Yamada
Journal of Nuclear Science and Technology, Vol. 47[4], pp.367–375 (2010)

Superdeformation in asymmetric \(N\)\(>\)\(Z\) nucleus \(^{40}\)Ar
E. Ideguchi, S. Ota, T. Morikawa, M. Oshima, M. Koizumi, Y. Toh, A. Kimura, H. Harada, K. Furutaka, S. Nakamura, F. Kitatani, Y. Hatsukawa, T. Shizuma, M. Sugawara, H. Miyatake, Y. Watanabe, Y. Hirayama, M. Oi
Physics Letters B, Vol. 686[1], pp.18–22 (2010)

Photoneutron cross sections for \(^{96}\)Zr; A Systematic experimental study of photoneutron and radiative neutron capture cross sections for zirconium isotopes
H. Utsunomiya, S. Goriely, H. Akimune, H. Harada, F. Kitatani, S. Goko, H. Toyokawa, K. Yamada, T. Kondo, O. Ito, M. Kamata, T. Yamagata, Y.-W. Lui, S. Hilaire, A. Koning
Physical Review C, Vol. 81[3], pp.035801_1–035801_5 (2010)

2009

高度計算機科学を活用した中性子ビジュアルセンシング技術
呉田 昌俊
RIST News[48], pp.24–37 (2009)

The Earth-moon system during the late heavy bombardment period; Geochemical support for impacts dominated by comets
U. Jorgrnsen, P. W. U. Appel, Y. Hatsukawa, R. Frei, M. Oshima, Y. Toh, A. Kimura
Icarus, Vol. 204[2], pp.368–380 (2009)

Production of an isomeric state of \(^{90}\)Y by fast neutrons for nuclear diagnostics
Y. Nagai, O. Iwamoto, N. Iwamoto, T. Kin, M. Segawa, Y. Hatsukawa, H. Harada
Journal of the Physical Society of Japan, Vol. 78[11], pp.113201_1–113201_4 (2009)

中性子ビジュアルセンシング技術の開発
呉田 昌俊
波紋, Vol. 19[4], pp.218–223 (2009)

\(E1\) and \(E2\) cross sections of the \(^{12}\)C\((\alpha,\gamma_{0})^{16}\)O reaction using pulsed \(\alpha\) beams
H. Makii, Y. Nagai, T. Shima, M. Segawa, K. Mishima, H. Ueda, M. Igashira, T. Osaki
Physical Review C, Vol. 80[6], pp.065802_1–065802_16 (2009)

高分解能Ge検出器による即発\(\gamma\)線分析
大島 真澄、藤 暢輔、木村 敦、小泉 光生、金 政浩
放射線, Vol. 34[4], pp.238–245 (2009)

レーザー誘起蛍光によるアスベスト識別法
大図 章
クリーンテクノロジー, Vol. 19[9], pp.41–45 (2009)

多重\(\gamma\)線測定を伴う中性子放射化分析による元素定量法の展開
大島 真澄、藤 暢輔、村上 幸弘
ぶんせき, Vol. 2009[7], pp.362–368 (2009)

Performance measurement of the scintillator with optical fiber detector for boron neutron capture therapy
M. Komeda, H. Kumada, M. Ishikawa, T. Nakamura, K. Yamamoto, A. Matsumura
Applied Radiation and Isotopes, Vol. 67[7-8, Suppl.], pp.S254–S257 (2009)

中性子イメージング技術を用いた混相流のビジュアル化
呉田 昌俊、飯倉 寛、瀬川 麻里子
混相流, Vol. 23[2], pp.165–174 (2009)

レーザー誘起蛍光を用いるアスベスト識別法の検討
大図 章、江坂 文孝、安田 健一郎
分析化学, Vol. 58[6], pp.569–576 (2009)

Measurements of neutron capture cross section of \(^{237}\)Np for fast neutrons
H. Harada, S. Nakamura, Y. Hatsukawa, Y. Toh, A. Kimura, Y. Ishiwatari, A. Yasumi, Y. Mabuchi, T. Nakagawa, K. Okamura, I. Saito, Y. Oka
Journal of Nuclear Science and Technology, Vol. 46[5], pp.460–468 (2009)

JENDL actinoid file 2008
O. Iwamoto, T. Nakagawa, N. Otsuka, S. Chiba, K. Okumura, G. Chiba, T. Osawa, K. Furutaka
Journal of Nuclear Science and Technology, Vol. 46[5], pp.510–528 (2009)

Time-resolved laser-induced fluorescence of asbestos in visible region
A. Ozu, F. Esaka, K. Yasuda
Japanese Journal of Applied Physics, Vol. 48[4], pp.042303_1–042303_5 (2009)

Dynamic neutron computer tomography technique for velocity measurement in liquid metal flow; Fundamental PTV experiment
M. Kureta, H. Kumada, E. Kume, S. Someya, K. Okamoto
Journal of Physics; Conference Series, Vol. 147, pp.012087_1–012087_14 (2009)

Photodisintegration of \(^{80}\)Se; Implications for the s-process branching at \(^{79}\)Se
A. Makinaga, H. Utsunomiya, S. Goriely, T. Kaihori, S. Goko, H. Akimune, T. Yamagata, H. Toyokawa, T. Matsumoto, H. Harano, H. Harada, F. Kitatani, K. Hara, S. Hohara, Y.-W. Lui
Physical Review C, Vol. 79[2], pp.025801_1–025801_8 (2009)

Nuclear data study at J-PARC BL04
M. Igashira, Y. Kiyanagi, M. Oshima
Nuclear Instruments and Methods in Physics Research A, Vol. 600[1], pp.332–334 (2009)

An Automatic liquid-nitrogen filling system for multiple Ge detectors
M. Koizumi, M. Oshima, Y. Toh, A. Kimura, T. Kin, K. Furutaka, Y. Murakami, A. Osa, S. Ando
Review of Scientific Instruments, Vol. 80[1], pp.016102_1–016102_3 (2009)

Iridium concentration and noble gas composition of Cretaceous-Tertiary boundary clay from Stevns Klint, Denmark
T. Osawa, Y. Hatsukawa, K. Nagao, M. Koizumi, M. Oshima, Y. Toh, A. Kimura, K. Furutaka
Geochemical Journal, Vol. 43[6], pp.415–422 (2009)

会議等における論文発表

2018

Development of neutron resonance transmission analysis as a non-destructive assay technique for nuclear nonproliferation
H. Tsuchiya, F. Kitatani, M. Maeda, Y. Toh, M. Kureta
Plasma and Fusion Research (Internet), Vol. 13[Sp.1], pp.2406004_1–2406004_4 (2018),
Conference on Laser Energy Science / Laser and Accelerator Neutron Sources and Applications 2017 (CLES/LANSA '17), Yokohama(Japan) (2018)

2017

Characterization study of four candidate technologies for nuclear material quantification in fuel debris at Fukushima Daiichi Nuclear Power Station, 4; Numerical simulations for active neutron technique
M. Komeda, M. Maeda, A. Ozu, M. Kureta, Y. Toh
Proceedings of International Nuclear Fuel Cycle Conference (GLOBAL 2017) (USB Flash Drive), p.3,
International Nuclear Fuel Cycle Conference (GLOBAL 2017), Seoul(Korea) (2017)

Neutron capture cross section measurements of \(^{120}\)Sn, \(^{122}\)Sn and \(^{124}\)Sn with the array of Ge spectrometer at the J-PARC/MLF/ANNRI
A. Kimura, H. Harada, S. Nakamura, Y. Toh, M. Igashira, T. Katabuchi, M. Mizumoto, J. Hori
EPJ Web of Conferences (Internet), Vol. 146, pp.11031_1–11031_4 (2017),
International Conference on Nuclear Data for Science and Technology (ND 2016), Bruges(Belguim) (2017)

Neutron resonance analysis for nuclear safeguards and security applications
C. Paradela, J. Heyse, S. Kopecky, P. Schillebeeckx, H. Harada, F. Kitatani, M. Koizumi, H. Tsuchiya
EPJ Web of Conferences (Internet), Vol. 146, pp.09002_1–09002_4 (2017),
International Conference on Nuclear Data for Science and Technology (ND 2016), Bruges(Belguim) (2017)

Influence of the neutron transport tube on neutron resonance densitometry
F. Kitatani, H. Tsuchiya, M. Koizumi, J. Takamine, J. Hori, T. Sano
EPJ Web of Conferences (Internet), Vol. 146, pp.09032_1–09032_3 (2017),
International Conference on Nuclear Data for Science and Technology (ND 2016), Bruges(Belguim) (2017)

Reliability estimation of neutron resonance thermometry using tantalum and tungsten
T. Kai, K. Hiroi, Y. Su, T. Shinohara, J. D. Parker, Y. Matsumoto, H. Hayashida, M. Segawa, T. Nakatani, K. Oikawa, S. Zhang, Y. Kiyanagi
Physics Procedia, Vol. 88, pp.306–313 (2017),
8th International Topical Meeting on Neutron Radiography (ITMNR-8), Beijing(China) (2017)

核不拡散・核セキュリティ用アクティブ中性子NDA技術の研究開発,3; NDA装置設計用中性子輸送コードの評価
前田 亮、米田 政夫、飛田 浩、大図 章、呉田 昌俊、T. Bogucarska、J. M. Crochemore、G. Varasano、B. Pedersen
核物質管理学会(INMM)日本支部第37回年次大会論文集(インターネット), p.7,
第37回核物質管理学会日本支部年次大会, 東京(日本) (2017)

核不拡散・核セキュリティ用アクティブ中性子NDA技術の研究開発,2; 次世代型DDA技術の開発
大図 章、前田 亮、米田 政夫、飛田 浩、呉田 昌俊
核物質管理学会(INMM)日本支部第37回年次大会論文集(インターネット), p.9,
第37回核物質管理学会日本支部年次大会, 東京(日本) (2017)

Comparison between simulation and experimental results for neutron flux in DDA systems
M. Maeda, M. Komeda, A. Ozu, M. Kureta, Y. Toh, T. Bogucarska, J. M. Crochemore, G. Varasano, B. Pedersen
EUR-28795-EN (Internet), pp.694–701,
39th ESARDA Annual Meeting, Düsseldorf(Germany) (2017)

Development of active neutron NDA techniques for nuclear nonproliferation and nuclear security
Y. Toh, A. Ozu, H. Tsuchiya, K. Furutaka, F. Kitatani, M. Komeda, M. Maeda, M. Kureta, M. Koizumi, M. Seya, J. Heyse, C. Paradela, W. Mondelaers, P. Schillebeeckx, T. Bogucarska, J.-M. Crochemore, G. Varasano, K. Abbas, B. Pedersen
EUR-28795-EN (Internet), pp.684–693,
39th ESARDA Annual Meeting, Düsseldorf(Germany) (2017)

2016

Overview of JENDL-4.0/HE and benchmark calculations
S. Kunieda, O. Iwamoto, N. Iwamoto, F. Minato, T. Okamoto, T. Sato, H. Nakashima, Y. Iwamoto, H. Iwamoto, F. Kitatani, T. Fukahori, Y. Watanabe, N. Shigyo, S. Chiba, N. Yamano, M. Hagiwara, K. Niita, K. Kosako, S. Hirayama, T. Murata
JAEA-Conf 2016-004, pp.41–46,
2015年度核データ研究会, 東海(日本) (2016)

Development of active neutron NDA techniques for nonproliferation and nuclear security, 2; Study on a compact NRTA system
H. Tsuchiya, F. Kitatani, M. Maeda, M. Kureta
Proceedings of INMM 57th Annual Meeting (Internet), p.6,
INMM 57th Annual Meeting, Atlanta(U. S. A.) (2016)

Evaluation of neutron flux distribution in the JAEA type and JRC type DDA systems
M. Maeda, M. Komeda, H. Tobita, A. Ozu, M. Kureta, T. Bogucarska, J. M. Crochemore, G. Varasano, B. Pedersen
Proceedings of INMM 57th Annual Meeting (Internet), p.9,
INMM 57th Annual Meeting, Atlanta(U. S. A.) (2016)

Development of active neutron NDA techniques for nuclear nonproliferation and nuclear security, 1; Study on next generation DDA
M. Kureta, M. Maeda, A. Ozu, H. Tobita
Proceedings of INMM 57th Annual Meeting (Internet), p.8,
INMM 57th Annual Meeting, Atlanta(U. S. A.) (2016)

Applicability evaluation of candidate technologies for nuclear material quantification in fuel debris at Fukushima Daiichi Nuclear Power Station; Active neutron technique (Interim report)
M. Komeda, M. Maeda, K. Furutaka, H. Tobita, K. Hattori, T. Shimofusa, A. Ozu, M. Kureta
Proceedings of INMM 57th Annual Meeting (Internet), p.10,
INMM 57th Annual Meeting, Atlanta(U. S. A.) (2016)

Characterization study of four candidate technologies for nuclear material quantification in fuel debris at Fukushima Daiichi Nuclear Power Station (Interim report)
T. Nagatani, M. Komeda, T. Shiba, M. Maeda, Y. Nauchi, H. Sagara, Y. Kosuge, M. Kureta, H. Tomikawa, K. Okumura, C. Heinberg, K. Hori
Proceedings of INMM 57th Annual Meeting (Internet), p.10,
INMM 57th Annual Meeting, Atlanta(U. S. A.) (2016)

Search for neutron resonances of \(^{106}\)Pd
S. Nakamura, A. Kimura, Y. Toh, H. Harada, T. Katabuchi, M. Mizumoto, M. Igashira, J. Hori, K. Kino
JAEA-Conf 2015-003, pp.113–118,
2014年度核データ研究会, 札幌(日本) (2016)

Design study on differential die-away technique in an integrated active neutron NDA system for non-nuclear proliferation
A. Ozu, M. Maeda, M. Komeda, H. Tobita, M. Kureta, M. Koizumi, M. Seya
Proceedings of 2016 IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference (NSS/MIC 2016) (Internet), p.4,
2016 IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference (NSS/MIC 2016), Strasbourg(France) (2016)

2015

高速中性子直接問いかけ法を用いた燃料デブリ内核物質非破壊測定に関する研究
前田 亮、古高 和禎、呉田 昌俊、大図 章、飛田 浩、米田 政夫、服部 健太朗
核物質管理学会(INMM)日本支部第36回年次大会論文集(インターネット), p.9,
第36回核物質管理学会日本支部年次大会, 東京(日本) (2015)

中性子共鳴濃度分析法の性能評価,2; 中性子共鳴捕獲\(\gamma\)線分析法
土屋 晴文、原田 秀郎、小泉 光生、北谷 文人、呉田 昌俊、B. Becker、S. Kopecky、J. Heyse、C. Paradela、W. Mondelaers、P. Schillebeeckx
核物質管理学会(INMM)日本支部第36回年次大会論文集(インターネット), p.9,
第36回核物質管理学会日本支部年次大会, 東京(日本) (2015)

中性子共鳴濃度分析法の性能評価,1; 中性子共鳴透過分析法
北谷 文人、原田 秀郎、小泉 光生、土屋 晴文、呉田 昌俊、B. Becker、S. Kopecky、J. Heyse、C. Paradela、W. Mondelaers、P. Schillebeeckx
核物質管理学会(INMM)日本支部第36回年次大会論文集(インターネット), p.9,
第36回核物質管理学会日本支部年次大会, 東京(日本) (2015)

核不拡散用アクティブ中性子非破壊測定技術の開発,1; 開発計画
呉田 昌俊、小泉 光生、大図 章、土屋 晴文、古高 和禎、瀬谷 道夫
核物質管理学会(INMM)日本支部第36回年次大会論文集(インターネット), p.9,
第36回核物質管理学会日本支部年次大会, 東京(日本) (2015)

代替\(^{3}\)He中性子検出器を用いた在庫サンプル測定装置(ASAS)の開発,1; ASAS検出器の設計・製作
大図 章、飛田 浩、呉田 昌俊、谷川 聖史、向 泰宣、中道 英男、中村 仁宣、栗田 勉、瀬谷 道夫
核物質管理学会(INMM)日本支部第36回年次大会論文集(インターネット), p.9,
第36回核物質管理学会日本支部年次大会, 東京(日本) (2015)

Current activities and future plans for nuclear data measurements at J-PARC
A. Kimura, H. Harada, S. Nakamura, O. Iwamoto, Y. Toh, M. Koizumi, F. Kitatani, K. Furutaka, M. Igashira, T. Katabuchi, M. Mizumoto, J. Hori, K. Kino, Y. Kiyanagi
European Physical Journal A, Vol. 51[12], pp.180_1–180_8 (2015),
2nd International Workshop on Perspectives on Nuclear Data for the Next Decade (P(ND)\(^{2}\)-2), Bruyeres-le-Chatel(France) (2015)

代替\(^{3}\)He中性子検出器を用いた在庫サンプル測定装置(ASAS)の開発,2; ASAS測定試験結果
谷川 聖史、向 泰宣、栗田 勉、牧野 理沙、中村 仁宣、飛田 浩、大図 章、呉田 昌俊、瀬谷 道夫
核物質管理学会(INMM)日本支部第36回年次大会論文集(インターネット), p.9,
第36回核物質管理学会日本支部年次大会, 東京(日本) (2015)

Technique of neutron resonance transmission analysis for active neutron NDA
H. Tsuchiya, M. Koizumi, F. Kitatani, M. Kureta, H. Harada, M. Seya, J. Heyse, S. Kopecky, W. Mondelaers, C. Paradela, P. Schillebeeckx
Proceedings of 37th ESARDA Annual Meeting (Internet), pp.846–851,
ESARDA Symposium 2015; 37th ESARDA Annual Meeting on Safeguards and Nuclear Non-Proliferation, Manchester(U. K.) (2015)

JAEA-JRC collaboration on the development of active neutron NDA techniques
M. Kureta, M. Koizumi, A. Ozu, K. Furutaka, T. Tsuchiya, M. Seya, H. Harada, S. Abousahl, J. Heyse, S. Kopecky, W. Mondelaers, B. Pedersen, P. Schillebeeckx
Proceedings of 37th ESARDA Annual Meeting (Internet), pp.111–120,
ESARDA Symposium 2015; 37th ESARDA Annual Meeting on Safeguards and Nuclear Non-Proliferation, Manchester(U. K.) (2015)

Demonstration result of sample assay system equipped alternative He-3 detectors
H. Nakamura, Y. Mukai, H. Tobita, H. Nakamichi, A. Ozu, M. Kureta, T. Kurita, M. Seya
Proceedings of 37th ESARDA Annual Meeting (Internet), pp.45–53,
ESARDA Symposium 2015; 37th ESARDA Annual Meeting on Safeguards and Nuclear Non-Proliferation, Manchester(U. K.) (2015)

Techniques of neutron resonance capture analysis and prompt \(\gamma\)-ray analysis for active neutron NDA
M. Koizumi, H. Tsuchiya, F. Kitatani, M. Kureta, M. Seya, H. Harada, J. Heyse, S. Kopecky, W. Mondelaers, C. Paradela, P. Schillebeeckx
Proceedings of 37th ESARDA Annual Meeting (Internet), pp.852–858,
ESARDA Symposium 2015; 37th ESARDA Annual Meeting on Safeguards and Nuclear Non-Proliferation, Manchester(U. K.) (2015)

Simulation study on non-destructive assay for fuel debris by using Fast Neutron Direct Interrogation (FNDI) method
M. Maeda, K. Furutaka, M. Kureta, A. Ozu, H. Tobita, M. Komeda, K. Hattori
Proceedings of INMM 56th Annual Meeting (Internet), p.8,
INMM 56th Annual Meeting, Indian Wells(U. S. A.) (2015)

Development of active neutron NDA techniques for nuclear non-proliferation applications
M. Kureta, M. Koizumi, A. Ozu, K. Furutaka, H. Tsuchiya, M. Seya
Proceedings of INMM 56th Annual Meeting (Internet), p.9,
INMM 56th Annual Meeting, Indian Wells(U. S. A.) (2015)

Superdeformation in \(^{35}\)S
S. Go, E. Ideguchi, R. Yokoyama, M. Kobayashi, K. Kisamori, M. Takaki, H. Miya, S. Ota, S. Michimasa, S. Shimoura, M. Niikura, T. Koike, T. Yamamoto, Y. Ito, J. Takatsu, A. Yagi, H. Nishibata, T. Suzuki, K. Shirotori, Y. Yatanabe, Y. Hirayama, M. Sugawara, M. Koizumi, Y. Toh, T. Shizuma, A. Kimura, H. Harada, K. Furutaka, S. Nakamura, F. Kitatani, Y. Hatsukawa, M. Oshima, I. Matea, D. Suzuki, D. Verney, F. Azaiez
JPS Conference Proceedings (Internet), Vol. 6, pp.030005_1–030005_4 (2015),
2nd Conference on Advances in Radioactive Isotope Science (ARIS 2014), Tokyo(Japan) (2015)

NRD demonstration experiments at GELINA
C. Paradela, G. Alaerts, B. Becker, H. Harada, J. Heyse, F. Kitatani, M. Koizumi, S. Kopecky, W. Mondelaers, A. Moens, P. Schillebeeckx, H. Tsuchiya, R. Wynants
EUR-27507-EN, p.16,
Workshop on Neutron Resonance Densitometry (NRD), Geel(Belgium) (2015)

Response function for the measurement of (n,\(\gamma\)) reactions with the ANNRI-Cluster Ge detectors at J-PARC
K. Hara, S. Goko, H. Harada, K. Hirose, A. Kimura, T. Kin, F. Kitatani, M. Koizumi, S. Nakamura, Y. Toh, M. Igashira, T. Katabuchi, K. Kino, Y. Kiyanagi, J. Hori
JAEA-Conf 2014-002, pp.88–92,
2013年度核データ研究会, 敦賀(日本) (2015)

NRDの開発,2; NRTAによる面密度測定に対するサンプル厚の系統的な影響の検証
土屋 晴文、原田 秀郎、小泉 光生、北谷 文人、高峰 潤、呉田 昌俊、飯村 秀紀、木村 敦、B. Becker、S. Kopecky、K. Kauwenberghs、A. Moens、W. Mondelaers、P. Schillebeeckx
核物質管理学会(INMM)日本支部第35回年次大会論文集(インターネット), p.9,
第35回核物質管理学会日本支部年次大会, 六ヶ所(日本) (2015)

NRDの開発,3; 小型14MeVパルス中性子源に用いる新型モデレータの研究
高峰 潤、小泉 光生、呉田 昌俊、原田 秀郎、北谷 文人、土屋 晴文、瀬谷 道夫、飯村 秀紀
核物質管理学会(INMM)日本支部第35回年次大会論文集(インターネット), p.10,
第35回核物質管理学会日本支部年次大会, 六ヶ所(日本) (2015)

NRDの開発,1;中性共鳴濃度分析法のためのLaBr\(_{3}\)シンチレーション検出装置の開発
小泉 光生、土屋 晴文、北谷 文人、原田 秀郎、高峰 潤、呉田 昌俊、瀬谷 道夫、木村 敦、飯村 秀紀、B. Becker、S. Kopecky、W. Mondelaers、P. Schillebeeckx
核物質管理学会(INMM)日本支部第35回年次大会論文集(インターネット), p.8,
第35回核物質管理学会日本支部年次大会, 六ヶ所(日本) (2015)

Recent progress in research and development in neutron resonance densitometry (NRD) for quantification of nuclear materials in particle-like debris
M. Koizumi, F. Kitatani, H. Tsuchiya, H. Harada, J. Takamine, M. Kureta, H. Iimura, M. Seya, B. Becker, S. Kopecky, W. Mondelaers, P. Schillebeeckx
Nuclear Back-end and Transmutation Technology for Waste Disposal, pp.13–20,
International Symposium on Nuclear Back-end Issues and the Role of Nuclear Transmutation Technology after the accident of TEPCO's Fukushima Daiichi Nuclear Power Stations, Kyoto(Japan) (2015)

2014

Analytical study on uranium measurement in uranium waste drums by the fast neutron direct interrogation method
M. Komeda, A. Ozu, M. Haruyama, M. Takase, M. Kureta, Y. Nakatsuka, N. Zaima, S. Nakashima, Y. Otsuka
Proceedings of INMM 55th Annual Meeting (Internet), p.9,
INMM 55th Annual Meeting, Atlanta(U. S. A.) (2014)

Development and demonstration of a Pu NDA system using ZnS/\(^{10}\)B\(_{2}\)O\(_{3}\) ceramic scintillator detectors
H. Nakamura, A. Ozu, N. Kobayashi, Y. Mukai, K. Sakasai, T. Nakamura, K. Soyama, M. Kureta, T. Kurita, M. Seya
Proceedings of INMM 55th Annual Meeting (Internet), p.9,
INMM 55th Annual Meeting, Atlanta(U. S. A.) (2014)

Thickness and mixed sample effects on areal density measurement with NRTA for particle like debris of melted fuel
H. Tsuchiya, H. Harada, M. Koizumi, F. Kitatani, J. Takamine, M. Kureta, H. Iimura, A. Kimura, B. Becker, S. Kopecky, K. Kauwenberghs, A. Moens, W. Mondelaers, P. Schillebeeckx
Proceedings of INMM 55th Annual Meeting (Internet), p.6,
INMM 55th Annual Meeting, Atlanta(U. S. A.) (2014)

Developments of a LaBr\(_3\) scintillation detector system for neutron resonance densitometry (NRD)
M. Koizumi, H. Tsuchiya, F. Kitatani, H. Harada, J. Takamine, M. Kureta, M. Seya, A. Kimura, H. Iimura, B. Becker, S. Kopecky, W. Mondelaers, P. Schillebeeckx
Proceedings of INMM 55th Annual Meeting (Internet), p.7,
INMM 55th Annual Meeting, Atlanta(U. S. A.) (2014)

Development of neutron resonance densitometry
H. Harada, P. Schillebeeckx, H. Tsuchiya, F. Kitatani, M. Koizumi, J. Takamine, M. Kureta, H. Iimura, A. Kimura, M. Seya, B. Becker, S. Kopecky, K. Kauwenberghs, A. Moens, W. Mondelaers
Proceedings of INMM 55th Annual Meeting (Internet), p.8,
INMM 55th Annual Meeting, Atlanta(U. S. A.) (2014)

Measurements of neutron capture cross sections of \(^{112}\)Sn and \(^{118}\)Sn with J-PARC/MLF/ANNRI
A. Kimura, K. Hirose, S. Nakamura, H. Harada, K. Hara, J. Hori, M. Igashira, T. Kamiyama, T. Katabuchi, K. Kino, F. Kitatani, Y. Kiyanagi, M. Koizumi, M. Mizumoto, Y. Toh
Nuclear Data Sheets, Vol. 119, pp.150–153 (2014),
International Conference on Nuclear Data for Science and Technology (ND 2013), New York(U. S. A.) (2014)

Cross section measurements of the radioactive \(^{107}\)Pd and stable \(^{105,108}\)Pd nuclei at J-PARC/MLF/ANNRI
S. Nakamura, A. Kimura, F. Kitatani, M. Ota, K. Furutaka, S. Goko, K. Hara, H. Harada, K. Hirose, T. Kin, M. Koizumi, M. Oshima, Y. Toh, K. Kino, F. Hiraga, T. Kamiyama, Y. Kiyanagi, T. Katabuchi, M. Mizumoto, M. Igashira, J. Hori, T. Fujii, S. Fukutani, K. Takamiya
Nuclear Data Sheets, Vol. 119, pp.143–146 (2014),
International Conference on Nuclear Data for Science and Technology (ND 2013), New York(U. S. A.) (2014)

Capture cross-section measurement of \(^{241}\)Am(n,\(\gamma\)) at J-PARC/MLF/ANNRI
H. Harada, M. Ota, A. Kimura, K. Furutaka, K. Hirose, K. Hara, T. Kin, F. Kitatani, M. Koizumi, S. Nakamura, M. Oshima, Y. Toh, M. Igashira, T. Katabuchi, M. Mizumoto, K. Kino, Y. Kiyanagi, T. Fujii, S. Fukutani, J. Hori, K. Takamiya
Nuclear Data Sheets, Vol. 119, pp.61–64 (2014),
International Conference on Nuclear Data for Science and Technology (ND 2013), New York(U. S. A.) (2014)

Measurements of capture \(\gamma\) rays from the neutron resonances of \(^{74}\)Se and \(^{77}\)Se at the J-PARC/MLF/ANNRI
J. Hori, H. Yashima, S. Nakamura, K. Furutaka, K. Hara, H. Harada, K. Hirose, A. Kimura, F. Kitatani, M. Koizumi, M. Oshima, Y. Toh, M. Igashira, T. Katabuchi, M. Mizumoto, T. Kamiyama, K. Kino, Y. Kiyanagi
Nuclear Data Sheets, Vol. 119, pp.128–131 (2014),
International Conference on Nuclear Data for Science and Technology (ND 2013), New York(U. S. A.) (2014)

Surrogate reactions research at JAEA/Tokyo Tech
S. Chiba, K. Nishio, H. Makii, Y. Aritomo, I. Nishinaka, T. Ishii, K. Tsukada, M. Asai, K. Furutaka, S. Hashimoto, H. Koura, K. Ogata, T. Otsuki, T. Nagayama
Nuclear Data Sheets, Vol. 119, pp.229–232 (2014),
International Conference on Nuclear Data for Science and Technology (ND 2013), New York(U. S. A.) (2014)

Development of anti-Compton LaBr\(_{3}\)(Ce) spectrometer for measurement of surrogate reactions
H. Makii, S. Ota, T. Ishii, K. Nishio, I. Nishinaka, K. Furutaka, Y. Wakabayashi, S. Chiba, M. Igashira
Nuclear Data Sheets, Vol. 119, pp.361–364 (2014),
International Conference on Nuclear Data for Science and Technology (ND 2013), New York(U. S. A.) (2014)

Partial photoneutron cross sections for \(^{207,208}\)Pb
T. Kondo, H. Utsunomiya, S. Goriely, C. Iwamoto, H. Akimune, T. Yamagata, H. Toyokawa, H. Harada, F. Kitatani, Y.-W. Lui, S. Hilaire, A. J. Koning
Nuclear Data Sheets, Vol. 119, pp.310–313 (2014),
International Conference on Nuclear Data for Science and Technology (ND 2013), New York(U. S. A.) (2014)

Neutron resonance densitometry for particle-like debris of melted fuel
H. Harada, F. Kitatani, M. Koizumi, J. Takamine, M. Kureta, H. Tsuchiya, H. Iimura, M. Seya, B. Becker, S. Kopecky, P. Schillebeeckx
Nuclear Data Sheets, Vol. 118, pp.502–504 (2014),
International Conference on Nuclear Data for Science and Technology (ND 2013), New York(U. S. A.) (2014)

Analysis of Pu isotopes in melted fuel by neutron resonance transmission; Examination by linear absorption model
F. Kitatani, H. Harada, J. Takamine, M. Kureta, M. Seya
Nuclear Data Sheets, Vol. 118, pp.505–509 (2014),
International Conference on Nuclear Data for Science and Technology (ND 2013), New York(U. S. A.) (2014)

Evaluation of light transport property in alternative He-3 neutron detectors using ceramic scintillators by a ray-tracing simulation
A. Ozu, M. Takase, N. Kurata, N. Kobayashi, H. Tobita, M. Haruyama, M. Kureta, T. Nakamura, H. Suzuki, K. To, K. Sakasai, K. Soyama, M. Seya
Proceedings of 2014 IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference; 21st International Symposium on Room-Temperature Semiconductor X-ray and \(\gamma\)-ray detectors (NSS/MIC 2014), p.5,
2014 IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference; 21st Symposium on Room-Temperature Semiconductor X-ray and \(\gamma\)-ray detectors (NSS/MIC 2014), Seattle(U. S. A.) (2014)

2013

Particle size inhomogeneity effect on neutron resonance densitometry
B. Becker, H. Harada, K. Kauwenberghs, F. Kitatani, M. Koizumi, S. Kopecky, A. Moens, P. Schillebeeckx, G. Sibbens, H. Tsuchiya
ESARDA Bulletin[50], pp.2–8 (2013),
35th ESARDA Annual Meeting on Safeguards and Nuclear Non-Proliferation, Bruges(Belgium) (2013)

Development of neutron resonance densitometry at the GELINA TOF facility
P. Schillebeeckx, S. Abousahl, B. Becker, A. Borella, F. Emiliani, H. Harada, K. Kauwenberghs, F. Kitatani, M. Koizumi, S. Kopecky, A. Moens, M. Moxon, G. Sibbens, H. Tsuchiya
ESARDA Bulletin[50], pp.9–17 (2013),
35th ESARDA Annual Meeting on Safeguards and Nuclear Non-Proliferation, Bruges(Belgium) (2013)

He-3代替中性子検出器を用いた代替PCAS(APCA: Alternative Plutonium Canister Assay System)の開発
大図 章、呉田 昌俊、春山 満夫、高瀬 操、倉田 典孝、小林 希望、曽山 和彦、中村 龍也、坂佐井 馨、藤 健太郎、中村 仁宣、栗田 勉、瀬谷 道夫
核物質管理学会(INMM)日本支部第34回年次大会論文集(インターネット), p.9,
第34回核物質管理学会日本支部年次大会, 東京(日本) (2013)

Cross section measurement of \(^{117}\)Sn\((n,\gamma)\) using ANNRI-NaI(Tl) spectrometer at J-PARC
K. Hirose, K. Furutaka, K. Hara, H. Harada, A. Kimura, F. Kitatani, M. Koizumi, S. Nakamura, M. Oshima, Y. Toh, M. Igashira, T. Katabuchi, T. Matsuhashi, M. Mizumoto, K. Terada, T. Kamiyama, K. Kino, Y. Kiyanagi, J. Hori
JAEA-Conf 2013-002, pp.173–178,
2012年度核データ研究会, 熊取(日本) (2013)

Measurements and simulations of the responses of the cluster Ge detectors to \(\gamma\) rays
K. Hara, S. Goko, H. Harada, K. Hirose, A. Kimura, T. Kin, F. Kitatani, M. Koizumi, S. Nakamura, Y. Toh
JAEA-Conf 2013-002, pp.161–166,
2012年度核データ研究会, 熊取(日本) (2013)

高速中性子直接問いかけ法によるウラン廃棄物中のウラン量測定の実用化研究
米田 政夫、大図 章、在間 直樹、中塚 嘉明、中島 伸一、高瀬 操、春山 満夫、呉田 昌俊
核物質管理学会(INMM)日本支部第34回年次大会論文集(インターネット), p.9,
第34回核物質管理学会日本支部年次大会, 東京(日本) (2013)

GEANT4 simulation study of a \(\gamma\)-ray detector for neutron resonance densitometry
H. Tsuchiya, H. Harada, M. Koizumi, F. Kitatani, J. Takamine, M. Kureta, H. Iimura
JAEA-Conf 2013-002, pp.119–124,
2012年度核データ研究会, 熊取(日本) (2013)

NRTAによる粒子状溶融燃料デブリ中の核物質定量化に対するサンプルの厚さの影響
土屋 晴文、原田 秀郎、小泉 光生、北谷 文人、高峰 潤、呉田 昌俊、飯村 秀紀、B. Becker、S. Kopecky、K. Kauwenberghs、A. Moens、W. Mondelaers、P. Schillebeeckx
核物質管理学会(INMM)日本支部第34回年次大会論文集(インターネット), p.8,
第34回核物質管理学会日本支部年次大会, 東京(日本) (2013)

粒子状溶融燃料デブリに対する中性子共鳴濃度分析法開発に関する進展
原田 秀郎、北谷 文人、小泉 光生、土屋 晴文、高峰 潤、呉田 昌俊、飯村 秀紀、瀬谷 道夫、B. Becker、S. Kopecky、W. Mondelaers、P. Schillebeeckx
核物質管理学会(INMM)日本支部第34回年次大会論文集(インターネット), p.6,
第34回核物質管理学会日本支部年次大会, 東京(日本) (2013)

原子炉過酷事故で発生した溶融燃料デブリの計量管理に対する基礎的なNDA技術開発
瀬谷 道夫、原田 秀郎、北谷 文人、小泉 光生、土屋 晴文、飯村 秀紀、呉田 昌俊、高峰 潤、羽島 良一、早川 岳人、静間 俊行、C. Angell、A. Bolind
核物質管理学会(INMM)日本支部第34回年次大会論文集(インターネット), p.10,
第34回核物質管理学会日本支部年次大会, 東京(日本) (2013)

Design of an Alternative Plutonium Canister Assay system (APCA) using ceramic scintillator neutron detectors for the safeguards NDA
M. Kureta, A. Ozu, M. Haruyama, M. Takase, N. Kurata, N. Kobayashi, K. Soyama, T. Nakamura, H. Nakamura, M. Seya
Proceedings of INMM 54th Annual Meeting (CD-ROM), p.8,
INMM 54th Annual Meeting, Palm Desert(U. S. A.) (2013)

Sample thickness effect on nuclear material quantification with NRTA for particle like debris of melted fuel
H. Tsuchiya, H. Harada, M. Koizumi, F. Kitatani, J. Takamine, M. Kureta, H. Iimura, B. Becker, S. Kopecky, K. Kauwenberghs, A. Moens, W. Mondelaers, P. Schillebeeckx
Proceedings of INMM 54th Annual Meeting (CD-ROM), p.6,
INMM 54th Annual Meeting, Palm Desert(U. S. A.) (2013)

Recent progress in research and development on the neutron resonance densitometry for particle-like debris of melted fuel
H. Harada, F. Kitatani, M. Koizumi, H. Tsuchiya, J. Takamine, M. Kureta, H. Iimura, M. Seya, B. Becker, S. Kopecky, W. Mondelaers, P. Schillebeeckx
Proceedings of INMM 54th Annual Meeting (CD-ROM), p.10,
INMM 54th Annual Meeting, Palm Desert(U. S. A.) (2013)

Contribution of the JRC to the development of neutron resonance densitometry to characterize melted fuel from severe accidents
P. Schillebeeckx, B. Becker, F. Emiliani, S. Kopecky, K. Kauwenberghs, A. Moens, W. Mondelaers, G. Sibbens, H. Harada, F. Kitatani, M. Koizumi, M. Kureta, H. Iimura, J. Takamine, H. Tsuchiya, S. Abousahl, M. Moxon
Proceedings of INMM 54th Annual Meeting (CD-ROM), p.7,
INMM 54th Annual Meeting, Palm Desert(U. S. A.) (2013)

Development of basic NDA technologies for nuclear material accountancy of debris of melted fuel formed in severe accidents
M. Seya, H. Harada, F. Kitatani, M. Koizumi, H. Tsuchiya, H. Iimura, M. Kureta, J. Takamine, R. Hajima, T. Hayakawa, T. Shizuma, C. Angell, A. Bolind
Proceedings of INMM 54th Annual Meeting (CD-ROM), p.9,
INMM 54th Annual Meeting, Palm Desert(U. S. A.) (2013)

Contribution of the JRC to the development of neutron resonance densitometry to characterize melted fuel from severe accidents
P. Schillebeeckx, B. Becker, F. Emiliani, S. Kopecky, K. Kauwenberghs, A. Moens, W. Mondelaers, G. Sibbens, H. Harada, F. Kitatani, M. Koizumi, M. Kureta, H. Iimura, J. Takamine, H. Tsuchiya, S. Abousahl, M. Moxon
Proceedings of INMM 54th Annual Meeting (CD-ROM), p.7,
INMM 54th Annual Meeting, Palm Desert(U. S. A.) (2013)

Application of LaBr\(_3\) detector for neutron resonance densitometry
H. Tsuchiya, H. Harada, M. Koizumi, F. Kitatani, J. Takamine, M. Kureta, H. Iimura, B. Becker, S. Kopecky, P. Schillebeeckx
Proceedings of 35th ESARDA Annual Meeting (Internet), p.7,
35th ESARDA Annual Meeting on Safeguards and Nuclear Non-Proliferation, Bruges(Belgium) (2013)

Proposal of neutron resonance densitometry for particle like debris of melted fuel using NRTA and NRCA
H. Harada, F. Kitatani, M. Koizumi, H. Tsuchiya, J. Takamine, M. Kureta, H. Iimura, M. Seya, B. Becker, S. Kopecky, P. Schillebeeckx
Proceedings of 35th ESARDA Annual Meeting (Internet), p.6,
35th ESARDA Annual Meeting on Safeguards and Nuclear Non-Proliferation, Bruges(Belgium) (2013)

Promising NDA technologies for material accountancy of nuclear material in debris of melted fuel of Fukushima-Daiichi NPP
M. Seya, H. Harada, F. Kitatani, M. Koizumi, H. Tsuchiya, R. Hajima, T. Hayakawa, T. Shizuma, C. Angell, A. Bolind
Proceedings of 35th ESARDA Annual Meeting (Internet), p.9,
35th ESARDA Annual Meeting on Safeguards and Nuclear Non-Proliferation, Bruges(Belgium) (2013)

Particle size inhomogeneity effect on neutron resonance densitometry
B. Becker, H. Harada, K. Kauwenberghs, F. Kitatani, M. Koizumi, S. Kopecky, A. Moens, P. Schillebeeckx, G. Sibbens, H. Tsuchiya
Proceedings of 35th ESARDA Annual Meeting (Internet), p.7,
35th ESARDA Annual Meeting on Safeguards and Nuclear Non-Proliferation, Bruges(Belgium) (2013)

Development of neutron resonance densitometry at the GELINA TOF facility
P. Schillebeeckx, S. Abousahl, B. Becker, A. Borella, F. Emiliani, H. Harada, K. Kauwenberghs, F. Kitatani, M. Koizumi, S. Kopecky, A. Moens, M. Moxon, G. Sibbens, H. Tsuchiya
Proceedings of 35th ESARDA Annual Meeting (Internet), p.11,
35th ESARDA Annual Meeting on Safeguards and Nuclear Non-Proliferation, Bruges(Belgium) (2013)

\(\gamma\)-ray strength function method; A Way from photoneutron emission to radiative neutron capture
H. Utsunomiya, H. Akimune, T. Yamagata, C. Iwamoto, S. Goriely, I. Daoutidis, H. Toyokawa, H. Harada, F. Kitatani, N. Iwamoto, Y. W. Lui, D. P. Arteaga, S. Hilaire, A. J. Koning
Proceedings of 14th International Symposium on Capture \(\gamma\)-Ray Spectroscopy and Related Topics, pp.505–514,
14th International Symposium on Capture \(\gamma\)-Ray Spectroscopy and Related Topics, Guelph(Canada) (2013)

Neutron resonance imaging of a Au-In-Cd alloy for the JSNS
M. Oi, M. Teshigawara, T. Kai, M. Harada, F. Maekawa, M. Futakawa, E. Hashimoto, M. Segawa, M. Kureta, A. Tremsin, T. Kamiyama, Y. Kiyanagi
Physics Procedia, Vol. 43, pp.337–342 (2013),
7th International Topical Meeting on Neutron Radiography (ITMNR-7), Kingston(Canada) (2013)

Optical guide property of alternative He-3 neutron detectors using solid scintillators for nuclear safeguards
A. Ozu, T. Nakamura, M. Takase, N. Kurata, M. Haruyama, M. Kureta, K. Soyama, M. Seya
Proceedings of 2013 IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference Record (NSS/MIC), p.4,
2013 IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference, and Room-Temperature Semiconductor X-Ray and \(\gamma\)-Ray Detectors Workshop (2013 IEEE NSS/MIC/RTSD), Seoul(Korea) (2013)

2012

ウラン廃棄物ドラム缶のNDA測定手法改良検討; アクティブ中性子測定法の性能評価
春山 満夫、高瀬 操、大図 章、呉田 昌俊、在間 直樹、中島 伸一、中塚 嘉明、門 一実
核物質管理学会(INMM)日本支部第33回年次大会論文集(インターネット), p.9,
第33回核物質管理学会日本支部年次大会, 東京(日本) (2012)

ZnSセラミックシンチレータを使ったPu-NDAシステムの開発計画
呉田 昌俊、曽山 和彦、瀬谷 道夫、大図 章、春山 満夫、高瀬 操、坂佐井 馨、中村 龍也、藤 健太郎
核物質管理学会(INMM)日本支部第33回年次大会論文集(インターネット), p.9,
第33回核物質管理学会日本支部年次大会, 東京(日本) (2012)

Superdeformed band in asymmetric N \(>\) Z nucleus, \(^{40}\)Ar and high-spin states in A = 30 \(\sim\) 40 nuclei
E. Ideguchi, S. Ota, T. Morikawa, M. Oshima, M. Koizumi, Y. Toh, A. Kimura, H. Harada, K. Furutaka, S. Nakamura, F. Kitatani, Y. Hatsukawa, T. Shizuma, M. Sugawara, Y. Watanabe, Y. Hirayama, M. Oi
Progress of Theoretical Physics Supplement[196], pp.427–432 (2012),
Yukawa International Seminar 2011 (YKIS 2011); Frontier Issues in Physics of Exotic Nuclei, Kyoto(Japan) (2012)

ウラン廃棄物ドラム缶のNDA測定の高度化計画; アクティブ中性子測定の導入
在間 直樹、中島 伸一、中塚 嘉明、門 一実、春山 満夫、高瀬 操、大図 章、呉田 昌俊
核物質管理学会(INMM)日本支部第33回年次大会論文集(インターネット), p.8,
第33回核物質管理学会日本支部年次大会, 東京(日本) (2012)

ZnSセラミックシンチレータを使ったPu-NDAシステムのデモンストレーション計画
中村 仁宣、呉田 昌俊、大図 章、曽山 和彦、中村 龍也、向 泰宣、瀬谷 道夫
核物質管理学会(INMM)日本支部第33回年次大会論文集(インターネット), p.8,
第33回核物質管理学会日本支部年次大会, 東京(日本) (2012)

Proposal of neutron resonance densitometry for particle like debris of melted fuel using NRTA and NRCA
M. Koizumi, F. Kitatani, H. Harada, J. Takamine, M. Kureta, M. Seya, H. Tsuchiya, H. Iimura
核物質管理学会(INMM)日本支部第33回年次大会論文集(インターネット), p.8,
第33回核物質管理学会日本支部年次大会, 東京(日本) (2012)

原子炉過酷事故で生成した溶融燃料中の核物質非破壊測定技術の適用性研究と開発
瀬谷 道夫、原田 秀郎、北谷 文人、小泉 光生、土屋 晴文、飯村 秀紀、呉田 昌俊、高峰 潤、羽島 良一、早川 岳人、静間 俊行、C. Angell、A. Bolind
核物質管理学会(INMM)日本支部第33回年次大会論文集(インターネット), p.10,
第33回核物質管理学会日本支部年次大会, 東京(日本) (2012)

Development plan of Pu NDA system using ZnS ceramic scintillator
M. Kureta, K. Soyama, M. Seya, A. Ozu, M. Haruyama, M. Takase, K. Sakasai, T. Nakamura, K. To
Proceedings of INMM 53rd Annual Meeting (CD-ROM), p.8,
INMM 53rd Annual Meeting, Orlando(U. S. A.) (2012)

Neutron capture cross section of palladium-107 in the thermal-neutron energy region
S. Nakamura, M. Ota, M. Oshima, F. Kitatani, A. Kimura, T. Kin, M. Koizumi, S. Goko, Y. Toh, K. Hara, H. Harada, K. Hirose, K. Furutaka, M. Igashira, T. Katabuchi, M. Mizumoto, K. Kino, Y. Kiyanagi, J. Hori, K. Takamiya, S. Fukutani, T. Fujii
JAEA-Conf 2012-001, pp.147–152,
2011年度核データ研究会, 東海(日本) (2012)

Demonstration plan of Pu NDA system using ZnS ceramic scintillator
H. Nakamura, M. Kureta, A. Ozu, K. Soyama, T. Nakamura, Y. Mukai, M. Seya
Proceedings of INMM 53rd Annual Meeting (CD-ROM), p.6,
INMM 53rd Annual Meeting, Orlando(U. S. A.) (2012)

Proposal of neutron resonance densitometry for particle like debris of melted fuel using NRTA and NRCA
M. Koizumi, F. Kitatani, H. Harada, J. Takamine, M. Kureta, M. Seya, H. Tsuchiya, H. Iimura
Proceedings of INMM 53rd Annual Meeting (CD-ROM), p.8,
INMM 53rd Annual Meeting, Orlando(U. S. A.) (2012)

Feasibility studies and development of NDA technologies for NM in the melted fuels of Fukushima-Daiichi NPP
M. Seya, H. Harada, F. Kitatani, M. Koizumi, R. Hajima, T. Hayakawa, C. Angell, A. Bolind
Proceedings of INMM 53rd Annual Meeting (CD-ROM), p.10,
INMM 53rd Annual Meeting, Orlando(U. S. A.) (2012)

Chemical composition of sediments from marine shallow-water hydrothermal mounds in Wakamiko submarine crater revealed by multiple prompt \(\gamma\)-ray analysis
K. Shozugawa, M. Matsuo, Y. Sano, Y. Toh, Y. Murakami, K. Furutaka, M. Koizumi, A. Kimura, K. Hara, T. Kin, M. Oshima, S. Nakamura, H. Harada
Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry, Vol. 291[2], pp.341–346 (2012),
13th International Conference on Modern Trends in Activation Analysis (MTAA-13), College Station(U. S. A.) (2012)

Application of multiple prompt \(\gamma\)-ray analysis (MPGA) to geochemical and cosmochemical samples
Y. Oura, R. Watanabe, M. Ebihara, Y. Murakami, Y. Toh, A. Kimura, M. Koizumi, K. Furutaka, M. Oshima, K. Hara, T. Kin, S. Nakamura, H. Harada
Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry, Vol. 291[2], pp.335–339 (2012),
13th International Conference on Modern Trends in Activation Analysis (MTAA-13), College Station(U. S. A.) (2012)

中性子イメージングの最新技術情報と自動車開発への応用
呉田 昌俊、瀬川 麻里子
自動車技術会シンポジウムテキスト, No.9-11, pp.24–29,
自動車技術会シンポジウム「多様なニーズに対応する計測・診断技術」, 東京(日本) (2012)

2011

NDA用ZnSシンチレーション中性子検出器開発計画
呉田 昌俊、曽山 和彦、瀬谷 道夫、大図 章、春山 満夫、中村 龍也、藤 健太郎、坂佐井 馨
核物質管理学会(INMM)日本支部第32回年次大会論文集(インターネット), p.9,
第32回核物質管理学会日本支部年次大会, 東京(日本) (2011)

The \(\gamma\)SF method
H. Utsunomiya, S. Goriely, H. Akimune, T. Yamagata, T. Kondo, C. Iwamoto, A. Okamoto, H. Harada, F. Kitatani, S. Goko, H. Toyokawa, K. Yamada, Y.-W. Lui, S. Hilaire, A. J. Koning
AIP Conference Proceedings 1377, pp.255–259,
3rd International Conference on Frontiers in Nuclear Structure, Astrophysics and Reactions (FINUSTAR-3), Rhodos(Greece) (2011)

Photoneutron cross sections for Au
O. Ito, H. Utsunomiya, H. Akimune, T. Yamagata, T. Kondo, M. Kamata, H. Toyokawa, H. Harada, F. Kitatani, S. Goko, C. Nair, Y.-W. Lui
AIP Conference Proceedings 1377, pp.362–364,
3rd International Conference on Frontiers in Nuclear Structure, Astrophysics and Reactions (FINUSTAR-3), Rhodos(Greece) (2011)

Application of the \(\gamma\)SF method to palladium
H. Utsunomiya, S. Goriely, D. P. Arteaga, I. Daoutidis, H. Akimune, T. Yamagata, T. Kondo, C. Iwamoto, M. Kamata, O. Ito, H. Harada, F. Kitatani, S. Goko, H. Toyokawa, K. Yamada, Y.-W. Lui, S. Hilaire, A. J. Koning
AIP Conference Proceedings 1377, pp.450–452,
3rd International Conference on Frontiers in Nuclear Structure, Astrophysics and Reactions (FINUSTAR-3), Rhodos(Greece) (2011)

Measurements of neutron capture cross sections at J-PARC/MLF/ANNRI, 2
J. Hori, T. Fujii, S. Fukutani, M. Furusaka, K. Furutaka, S. Goko, H. Harada, F. Hiraga, M. Igashira, T. Kamiyama, T. Katabuchi, A. Kimura, T. Kin, K. Kino, F. Kitatani, Y. Kiyanagi, M. Koizumi, M. Mizumoto, S. Nakamura, M. Ota, M. Oshima, K. Takamiya, Y. Toh
JAEA-Conf 2011-002, pp.29–34,
2010年度核データ研究会, 春日(日本) (2011)

First demonstration of neutron resonance absorption imaging using a high-speed video camera in J-PARC
T. Kai, M. Segawa, M. Oi, E. Hashimoto, T. Shinohara, M. Harada, F. Maekawa, K. Oikawa, T. Sakai, M. Matsubayashi, M. Kureta
Nuclear Instruments and Methods in Physics Research A, Vol. 651[1], pp.126–130 (2011),
9th World Conference on Neutron Radiography (WCNR-9), Kwa-Maritane(South Africa) (2011)

Isotope production for medical usage using fast neutron reactions
Y. Hatsukawa, Y. Nagai, T. Kin, M. Segawa, H. Harada, O. Iwamoto, N. Iwamoto, K. Ochiai, K. Takakura, C. Konno, M. Hashimoto
Proceedings in Radiochemistry, Vol. 1[1], pp.327–329 (2011),
4th International Conference of Asia-Pacific Symposium on Radiochemistry (APSORC '09), Napa(U. S. A.) (2011)

A "4\(\pi\) Ge spectrometer" for measurements of neutron capture cross sections by the time-of-flight method at the J-PARC/MLF/ANNRI
T. Kin, K. Furutaka, S. Goko, H. Harada, A. Kimura, F. Kitatani, S. Nakamura, M. Ota, M. Oshima, Y. Toh, J. Hori, M. Igashira, T. Katabuchi, M. Koizumi, M. Mizumoto, T. Kamiyama, K. Kino, Y. Kiyanagi
Journal of the Korean Physical Society, Vol. 59[2], pp.1769–1772 (2011),
International Conference on Nuclear Data for Science and Technology (ND 2010), Jeju(Korea) (2011)

Measurement of neutron-capture cross sections of palladium isotopes at the J-PARC/MLF/ANNRI
S. Nakamura, K. Furutaka, S. Goko, H. Harada, A. Kimura, T. Kin, F. Kitatani, M. Koizumi, M. Ota, M. Oshima, Y. Toh, J. Hori, T. Fujii, S. Fukutani, K. Takamiya, M. Igashira, T. Katabuchi, M. Mizumoto, T. Kamiyama, K. Kino, Y. Kiyanagi
Journal of the Korean Physical Society, Vol. 59[2], pp.1773–1776 (2011),
International Conference on Nuclear Data for Science and Technology (ND 2010), Jeju(Korea) (2011)

Study of neutron capture reactions using the 4\(\pi\) Ge spectrometer
H. Harada, S. Goko, A. Kimura, M. Ota, M. Oshima, F. Kitatani, Y. Toh, K. Furutaka, T. Kin, M. Koizumi, S. Nakamura, M. Igashira, T. Katabuchi, M. Mizumoto, T. Osaki, J. Hori, T. Fujii, K. Takamiya, J. Goto, Y. Kiyanagi, K. Kino, M. Furusaka, F. Hiraga, T. Kamiyama
Journal of the Korean Physical Society, Vol. 59[2], pp.1547–1552 (2011),
International Conference on Nuclear Data for Science and Technology (ND 2010), Jeju(Korea) (2011)

Measurements of neutron-capture cross sections of \(^{244}\)Cm and \(^{246}\)Cm at J-PARC/MLF/ANNRI
A. Kimura, K. Furutaka, S. Goko, H. Harada, T. Kin, F. Kitatani, M. Koizumi, S. Nakamura, M. Ota, M. Oshima, Y. Toh, T. Fujii, S. Fukutani, J. Hori, K. Takamiya, M. Igashira, T. Katabuchi, M. Mizumoto, T. Kamiyama, K. Kino, Y. Kiyanagi
Journal of the Korean Physical Society, Vol. 59[2], pp.1828–1831 (2011),
International Conference on Nuclear Data for Science and Technology (ND 2010), Jeju(Korea) (2011)

Prompt \(\gamma\) rays emitted from the neutron capture reaction of \(^{74}\)Ge
K. Hara, T. Kin, M. Oshima, S. Nakamura, A. Kimura, M. Koizumi, Y. Toh
Journal of the Korean Physical Society, Vol. 59[2], pp.1832–1835 (2011),
International Conference on Nuclear Data for Science and Technology (ND 2010), Jeju(Korea) (2011)

The "Study on nuclear data by using a high intensity pulsed neutron source for advanced nuclear system" nuclear data project and the characteristics of the neutron beam line for the capture cross section experiments at J-PARC
Y. Kiyanagi, K. Kino, M. Furusaka, F. Hiraga, T. Kamiyama, K. Kato, M. Igashira, T. Katabuchi, M. Mizumoto, M. Oshima, H. Harada, J. Katakura, K. Furutaka, S. Goko, A. Kimura, T. Kin, F. Kitatani, M. Koizumi, S. Nakamura, M. Ota, Y. Toh, T. Otsuki, K. Hirose, T. Fujii, J. Hori, K. Takamiya, S. Fukutani, M. Shibata, K. Yamada, H. Utsunomiya
Journal of the Korean Physical Society, Vol. 59[2], pp.1781–1784 (2011),
International Conference on Nuclear Data for Science and Technology (ND 2010), Jeju(Korea) (2011)

Measurement of (\(\gamma\),\(n\)) cross sections of Se isotopes using laser-Compton scattering \(\gamma\)-rays
F. Kitatani, H. Harada, S. Goko, H. Utsunomiya, H. Akimune, H. Toyokawa, K. Yamada
Journal of the Korean Physical Society, Vol. 59[2], pp.1836–1839 (2011),
International Conference on Nuclear Data for Science and Technology (ND 2010), Jeju(Korea) (2011)

The \(\gamma\)SF method; Determination of radiative neutron-capture cross section for unstable nuclei
H. Utsunomiya, S. Goriely, H. Akimune, H. Harada, F. Kitatani, S. Goko, H. Toyokawa, K. Yamada, Y.-W. Lui
Journal of the Korean Physical Society, Vol. 59[2], pp.1713–1716 (2011),
International Conference on Nuclear Data for Science and Technology (ND 2010), Jeju(Korea) (2011)

Development of scintillation neutron detectors for non-destructive assay of nuclear fuel, 1; Master plan and feasibility study on nuclear reaction probability by Monte Carlo analysis
M. Kureta, K. Soyama, M. Seya, A. Ozu, M. Haruyama, T. Nakamura, K. To, K. Sakasai
Proceedings of INMM 52nd Annual Meeting (CD-ROM), p.10,
INMM 52nd Annual Meeting, Palm Desert(U. S. A.) (2011)

Progress of ultra-high-speed image sensors with in-situ CCD storage
T. Eto, V. T. S. Dao, H. D. Nguyen, K. Fife, M. Kureta, M. Segawa, M. Arai, T. Shinohara
Proceedings of 2011 International Image Sensor Workshop (IISW), p.4,
2011 International Image Sensor Workshop (IISW 2011), Nanae(Japan) (2011)

Visualization of blurred images of liquid by multi-scale analysis
H. Miyamura, M. Kureta, M. Segawa, J. Kubo, T. Saito, Y. Suzuki, H. Takemiya
Proceedings of 11th Asian Symposium on Visualization (ASV-11) (CD-ROM), p.4,
11th Asian Symposium on Visualization (ASV-11), Niigata(Japan) (2011)

Experimental techniques for nuclear data; State of the art and future prospects
H. Harada
Proceedings of 5th Workshop on Neutron Measurements, Evaluations and Applications (NEMEA-5), pp.43–48,
5th Workshop on Neutron Measurements, Evaluations and Applications (NEMEA-5), Ljubljana(Slovenia) (2011)

2010

Prompt \(\gamma\)-rays emitted in the \(^{74}\)Ge(n,\(\gamma\))\(^{75}\)Ge reaction
K. Hara, T. Kin, M. Oshima, S. Nakamura, A. Kimura, M. Koizumi, Y. Toh
JAEA-Conf 2010-005, pp.93–98,
2009年度核データ研究会, 東海(日本) (2010)

Status and future perspectives of nuclear data measurements at J-PARC MLF BL04
H. Harada, M. Oshima, A. Kimura, S. Goko, M. Ota, K. Furutaka, T. Kin, F. Kitatani, M. Koizumi, S. Nakamura, Y. Toh, M. Igashira, T. Katabuchi, M. Mizumoto, Y. Kiyanagi, K. Kino, M. Furusaka, F. Hiraga, T. Kamiyama, J. Hori, T. Fujii, K. Takamiya
JAEA-Conf 2010-005, pp.9–14,
2009年度核データ研究会, 東海(日本) (2010)

Numerical simulation of turbulent flow of coolant in a test blanket module of nuclear fusion reactor
Y. Seki, Y. Onishi, A. Yoshikawa, H. Tanigawa, T. Hirose, A. Ozu, K. Ezato, D. Tsuru, S. Suzuki, K. Yokoyama, M. Enoeda, H. Tanigawa, M. Kureta
Proceedings of Joint International Conference of 7th Supercomputing in Nuclear Application and 3rd Monte Carlo (SNA + MC 2010) (USB Flash Drive), p.4,
Joint International Conference of 7th Supercomputing in Nuclear Application and 3rd Monte Carlo (SNA + MC 2010), Tokyo(Japan) (2010)

\(E1\) and \(E2\) cross sections of the \(^{12}\)C(\(\alpha\),\(\gamma\))\(^{16}\)O reaction at \(E_{\rm{eff}}\) \(\sim\) 1.2 MeV using pulsed \(\alpha\) beams
H. Makii, H. Ueda, Y. Temma, Y. Nagai, T. Shima, S. Fujimoto, M. Segawa, K. Mishima, J. Nishiyama, M. Igashira
AIP Conference Proceedings 1269, pp.283–288,
10th International Symposium on Origin of Matter and Evolution of Galaxies (OMEG '10), Ibaraki(Japan) (2010)

Striking behavior of photoneutron cross sections for \(^{90}\)Zr near threshold
H. Utsunomiya, S. Goriely, H. Akimune, T. Yamagata, T. Kondo, C. Iwamoto, O. Ito, M. Kamata, M. Io, K. Kususe, T. Teramoto, H. Harada, F. Kitatani, S. Goko, H. Toyokawa, K. Yamada, Y.-W. Lui
AIP Conference Proceedings 1377, pp.447–449,
3rd International Conference on Frontiers in Nuclear Structure, Astrophysics and Reactions (FINUSTAR-3), Rhodos(Greece) (2010)

多重スケール解析による霧状液体の可視化
宮村 浩子、呉田 昌俊、瀬川 麻里子、久保 純、斎藤 隆文、鈴木 喜雄、武宮 博
電気学会研究会資料,産業計測制御研究会(IIC-10-73), pp.7–12,
電気学会産業計測制御研究会, 小金井(日本) (2010)

2009

A Dead-time correction method for multiple \(\gamma\)-ray detection
A. Kimura, K. Furutaka, S. Goko, H. Harada, M. Igashira, T. Kamiyama, T. Katabuchi, T. Kin, K. Kino, F. Kitatani, Y. Kiyanagi, M. Koizumi, M. Mizumoto, S. Nakamura, M. Ota, M. Oshima, Y. Toh
Proceedings of 2009 IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference (2009 NSS/MIC) (CD-ROM), pp.138–143,
2009 IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference (2009 NSS/MIC), Orlando(U. S. A.) (2009)

Development of a 4\(\pi\) germanium spectrometer for nuclear data measurements at J-PARC
T. Kin, K. Furutaka, S. Goko, H. Harada, M. Igashira, T. Kamiyama, T. Katabuchi, A. Kimura, K. Kino, F. Kitatani, Y. Kiyanagi, M. Koizumi, M. Mizumoto, S. Nakamura, M. Ota, M. Oshima, Y. Toh
Proceedings of 2009 IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference (2009 NSS/MIC) (CD-ROM), pp.1194–1197,
2009 IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference (2009 NSS/MIC), Orlando(U. S. A.) (2009)

A Simple method to measure and improve linearity of flash ADCs used in integrated VME ADC modules
K. Furutaka, A. Kimura, M. Koizumi, Y. Toh, T. Kin, S. Nakamura, M. Oshima
Proceedings of 2009 IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference (2009 NSS/MIC) (CD-ROM), pp.2229–2233,
2009 IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference (2009 NSS/MIC), Orlando(U. S. A.) (2009)

Conceptual study for the hollow core of a research reactor
M. Komeda, M. Arai, H. Sagawa, T. Kusunoki
Proceedings of 12th International Group on Research Reactors (12th IGORR) (USB Flash Drive), p.9,
12th International Group on Research Reactors (12th IGORR), Beijing(China) (2009)

Conceptual design of experimental equipment for large-diameter NTD-Si
M. Yagi, M. Watanabe, K. Oyama, K. Yamamoto, M. Komeda, Y. Kashima, K. Yamashita
Applied Radiation and Isotopes, Vol. 67[7-8], pp.1225–1229 (2009),
6th International Conference on Isotopes (6ICI), Seoul(Korea) (2009)

Development of three-dimensional prompt \(\gamma\)-ray analysis system
M. Segawa, H. Matsue, M. Kureta
Nuclear Instruments and Methods in Physics Research A, Vol. 605[1-2], pp.54–56 (2009),
6th International Topical Meeting on Neutron Radiography (ITMNR-6), Kobe(Japan) (2009)

Nuclear data for nuclear transmutation
H. Harada
AIP Conference Proceedings 1120 (Internet), pp.203–208,
6th Japan-Italy Symposium on Heavy Ion Physics, Tokai(Japan) (2009)

Data processing methods for dynamic neutron tomography velocimetry
M. Kureta, H. Kumada, E. Kume, S. Someya, K. Okamoto
Proceedings of 3rd International Workshop on Process Tomography (IWPT-3) (CD-ROM), p.8,
3rd International Workshop on Process Tomography (IWPT-3), Tokyo(Japan) (2009)

Octupole collectivity in \(^{94}\)Zr
Y. Toh, M. Oshima, M. Koizumi, A. Osa, A. Kimura, M. Sugawara, J. Goto
AIP Conference Proceedings 1090, pp.189–193,
13th International Symposium on Capture \(\gamma\)-Ray Spectroscopy and Related Topics (CGS-13), Cologne(Germany) (2009)

Multi-step cascades in \(^{63}\)Ni
M. Oshima, T. Kin, A. Kimura, K. Furutaka, Y. Toh, M. Koizumi
AIP Conference Proceedings 1090, pp.386–390,
13th International Symposium on Capture \(\gamma\)-Ray Spectroscopy and Related Topics (CGS-13), Cologne(Germany) (2009)

口頭発表

2018

Development of active neutron NDA system for nuclear security
Y. Toh
2nd Technical Meeting on Radiation Detection Instruments for Nuclear Security; Trends, Challenges and Opportunities, Vienna(Austria) (2018)

核不拡散・核セキュリティ用アクティブ中性子NDA装置の開発,2; DDA測定システムの開発
大図 章、前田 亮、米田 政夫、藤 暢輔
日本原子力学会2018年春の年会, 吹田(日本) (2018)

核不拡散・核セキュリティ用アクティブ中性子NDA装置の開発,1; プロジェクト概要とPGA測定システムの開発
藤 暢輔、古高 和禎、大図 章、土屋 晴文、北谷 文人、前田 亮、米田 政夫、小泉 光生、瀬谷 道夫
日本原子力学会2018年春の年会, 吹田(日本) (2018)

アクティブ中性子法に適した低コスト中性子検出器の検討
米田 政夫、大図 章、藤 暢輔
日本原子力学会2018年春の年会, 吹田(日本) (2018)

JAEA型DDA法における位置感度差の評価
前田 亮、米田 政夫、大図 章、藤 暢輔
京都大学原子炉実験所専門研究会「核燃料物質を対象とした非破壊分析技術に関する研究会」, 熊取(日本) (2018)

MLF-BL04における\(^{35}\)Clの中性子捕獲断面積測定
原 かおる、藤井 伸弥、佐藤 博隆、成田 祐樹、加美山 隆、片渕 竜也、岩本 信之、中村 詔司、藤 暢輔
2017年度量子ビームサイエンスフェスタ; 第9回MLFシンポジウム/第35回PFシンポジウム, 水戸(日本) (2018)

日本海沿岸における冬の雷や雷雲に伴う放射線観測
土屋 晴文、榎戸 輝揚、和田 有希、古田 禄大、中澤 知洋、湯浅 孝行、奥田 和史、牧島 一夫、佐藤 光輝、佐藤 陽祐、中野 俊男、楳本 大悟
日本原子力学会2018年春の年会, 吹田(日本) (2018)

エネルギー分析型中性子イメージングによる稼働条件下での実用製品の直接観察
廣井 孝介、Y. Su、篠原 武尚、甲斐 哲也、及川 健一、瀬川 麻里子、林田 洋寿、松本 吉弘、J. D. Parker、鬼柳 善明
2017年度量子ビームサイエンスフェスタ; 第9回MLFシンポジウム/第35回PFシンポジウム, 水戸(日本) (2018)

2017

中性子直接問いかけ法を用いた核物質の高感度検出の現状
大図 章
電気学会第6回低レベル放射線(能)測定に関する技術調査専門委員会, 東京(日本) (2017)

ブラッグエッジイメージングによるLi-ion電池充電量分布の短時間測定
甲斐 哲也、Y. Su、廣井 孝介、篠原 武尚、及川 健一、林田 洋寿、J. D. Parker、松本 吉弘、瀬川 麻里子、中谷 健、鬼柳 善明
日本中性子科学会第17回年会(JSNS 2017), 福岡(日本) (2017)

エネルギー分析型中性子イメージング装置RADENの現状
篠原 武尚、甲斐 哲也、及川 健一、瀬川 麻里子、中谷 健、廣井 孝介、Y. Su、林田 洋寿、松本 吉弘、J. D. Parker、關 義親、上野 若菜、鬼柳 善明
日本中性子科学会第17回年会(JSNS 2017), 福岡(日本) (2017)

A Micro pixel chamber based neutron imaging detector (\(\mu\) NID) with boron converter for energy-resolved neutron imaging at J-PARC
J. D. Parker, T. Shinohara, M. Harada, H. Hayashida, K. Hiroi, T. Kai, Y. Matsumoto, K. Oikawa, M. Segawa, Y. Su, A. Takada, T. Taniguchi, T. Tanimori, Y. Kiyanagi
2017 IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference and 24th Symposium on Room-Temperature X- and Gamma-Ray Detectors (2017 IEEE NSS/MIC/RTSD), Atlanta(U. S. A.) (2017)

Characterization study of four candidate technologies for nuclear material quantification in fuel debris at Fukushima Daiichi Nuclear Power Station, 1; General outline
T. Nagatani, M. Komeda, T. Shiba, Y. Nauchi, H. Sagara, Y. Kosuge, K. Okumura, M. Maeda, Y. Toh, K. Hori
International Nuclear Fuel Cycle Conference (GLOBAL 2017), Seoul(Korea) (2017)

核不拡散・核セキュリティ用ダイアウェイ時間差分析装置の開発
大図 章、前田 亮、米田 政夫、藤 暢輔
日本原子力学会2017年秋の大会, 札幌(日本) (2017)

J-PARC ANNRIにおける飛行時間法を用いた即発\(\gamma\)線分析法の開発とその応用
藤 暢輔、M. Huang、海老原 充、瀬川 麻里子、土屋 晴文、前田 亮、木村 敦、中村 詔司
2017日本放射化学会年会・第61回放射化学討論会, つくば(日本) (2017)

高速中性子直接問いかけ法のウラン廃棄物への適用例
迫田 晃弘、中塚 嘉明、秦 はるひ、中島 伸一、米田 政夫、大図 章、藤 暢輔
日本原子力学会2017年秋の大会, 札幌(日本) (2017)

核医学用\(^{211}\)At生成の効率化に向けたカメラ型アルファ線イメージング
瀬川 麻里子、西中 一朗、藤 暢輔、井上 徹
2017日本放射化学会年会・第61回放射化学討論会, つくば(日本) (2017)

異なるCl同位体組成のNaCl試料を用いた\(^{35}\)Clの中性子捕獲断面積導出
原 かおる、藤井 伸弥、加美山 隆、成田 祐樹、佐藤 博隆、片渕 竜也、岩本 信之、中村 詔司、藤 暢輔
日本原子力学会2017年秋の大会, 札幌(日本) (2017)

Development of a compact neutron resonance transmission analysis system for nuclear nonproliferation
H. Tsuchiya
IAEA Technical Meeting on Modern Neutron Detection, Vienna(Austria) (2017)

福島第一原子力発電所における燃料デブリ中の核燃料物質定量に関する候補技術の特性研究,2-1; 全体概要
長谷 竹晃、米田 政夫、芝 知宙、名内 泰志、相樂 洋、小菅 義広、宮地 紀子、奥村 啓介
日本原子力学会2017年秋の大会, 札幌(日本) (2017)

PHITSを利用したANNRI-NaI検出器のスペクトル計算
原 かおる、藤井 伸弥、加美山 隆、成田 祐樹、佐藤 博隆、片渕 竜也、岩本 信之、中村 詔司、藤 暢輔
第13回PHITS研究会, 東海(日本) (2017)

中性子共鳴反応を利用した非破壊測定技術について
土屋 晴文
日本放射化学会第56回核化学夏の学校, 串本(日本) (2017)

中性子共鳴吸収イメージングの応用に向けて
甲斐 哲也、松本 吉弘、廣井 孝介、Y. Su、瀬川 麻里子、J. D. Parker、篠原 武尚、林田 洋寿、及川 健一、中谷 健、鬼柳 善明
第54回アイソトープ・放射線研究発表会, 東京(日本) (2017)

Present status of the energy-resolved neutron imaging system, RADEN, in J-PARC
T. Shinohara, T. Kai, K. Oikawa, K. Hiroi, Y. Su, M. Segawa, T. Nakatani, H. Hayashida, Y. Matsumoto, J. D. Parker, W. Ueno, Y. Seki, Y. Kiyanagi
9th Workshop on Neutron Wavelength Dependent Imaging (NEUWAVE-9), Gaithersburg(U. S. A.) (2017)

Observation of lithium-ion battery by using the Bragg-edge imaging technique
T. Kai, Y. Su, K. Hiroi, T. Shinohara, K. Oikawa, H. Hayashida, J. D. Parker, Y. Kiyanagi, Y. Matsumoto, M. Segawa, T. Nakatani
9th Workshop on Neutron Wavelength Dependent Imaging (NEUWAVE-9), Gaithersburg(U. S. A.) (2017)

核不拡散・核セキュリティ用アクティブ中性子非破壊測定技術の開発,1; 測定試料マトリクスがJRC型DDA測定に与える影響
前田 亮、大図 章、呉田 昌俊、藤 暢輔、T. Bogucarska、J.-M. Crochemore、G. Varasano、B. Pedersen
日本原子力学会2017年春の年会, 平塚(日本) (2017)

福島第一原子力発電所における燃料デブリ中の核燃料物質定量に関する候補技術の特性研究,3; アクティブ中性子法
米田 政夫、前田 亮、大図 章、呉田 昌俊、藤 暢輔
日本原子力学会2017年春の年会, 平塚(日本) (2017)

高速中性子直接問いかけ法で用いる中性子検出器用アンプの性能試験
米田 政夫、前田 亮、飛田 浩、大図 章、呉田 昌俊、藤 暢輔
日本原子力学会2017年春の年会, 平塚(日本) (2017)

核不拡散・核セキュリティ用アクティブ中性子非破壊測定技術の開発,2; DDA測定部の熱中性子の空間分布
大図 章、前田 亮、米田 政夫、飛田 浩、藤 暢輔
日本原子力学会2017年春の年会, 平塚(日本) (2017)

福島第一原子力発電所における燃料デブリ中の核燃料物質定量に関する候補技術の特性研究,1; 全体概要
長谷 竹晃、米田 政夫、芝 知宙、名内 泰志、相樂 洋、小菅 義広、奥村 啓介、前田 亮、藤 暢輔、堀 啓一郎
日本原子力学会2017年春の年会, 平塚(日本) (2017)

福島第一原子力発電所における燃料デブリ中の核燃料物質定量に関する候補技術の特性研究,6; 検出器応答を用いた核燃料物質のインベントリ評価手法の検討
奥村 啓介、佐藤 若英、長谷 竹晃、米田 政夫、芝 知宙、名内 泰志、高田 映
日本原子力学会2017年春の年会, 平塚(日本) (2017)

ANNRIの現状と即発\(\gamma\)線分析
藤 暢輔
平成28年度非破壊検査・可視化・分析技術研究会, 東京(日本) (2017)

2つの非破壊元素分析法のシナジー効果がもたらす恩恵
藤 暢輔
日本原子力研究開発機構新技術説明会, 東京(日本) (2017)

2016

エネルギー分析型中性子イメージング装置「螺鈿」の現状
篠原 武尚、甲斐 哲也、及川 健一、中谷 健、瀬川 麻里子、廣井 孝介、Y. Su、上野 若菜、關 義親、林田 洋寿、J. D. Parker、松本 吉弘、S. Zhang、鬼柳 善明
日本中性子科学会第16回年会(JSNS 2016), 名古屋(日本) (2016)

福島第一原子力発電所における燃料デブリ中の核燃料物質定量に関する候補技術の特性研究,3; アクティブ中性子法(中間報告)
米田 政夫、前田 亮、古高 和禎、飛田 浩、服部 健太朗、下総 太一、大図 章、呉田 昌俊
第37回核物質管理学会日本支部年次大会, 東京(日本) (2016)

核不拡散・核セキュリティ用アクティブ中性子NDA技術の研究開発,4; コンパクトNRTA装置の設計研究
北谷 文人、土屋 晴文、前田 亮、呉田 昌俊
第37回核物質管理学会日本支部年次大会, 東京(日本) (2016)

核不拡散・核セキュリティ用アクティブ中性子NDA技術の研究開発,1; 研究開発の概要
呉田 昌俊、藤 暢輔、大図 章、米田 政夫、前田 亮、小泉 光生、瀬谷 道夫
第37回核物質管理学会日本支部年次大会, 東京(日本) (2016)

福島第一原子力発電所における燃料デブリ中の核燃料物質定量に関する候補技術の特性研究,1; 全体概要(中間報告)
長谷 竹晃、米田 政夫、芝 知宙、前田 亮、名内 泰志、相楽 洋、呉田 昌俊、富川 裕文、奥村 啓介、C. Heinberg、堀 啓一郎
第37回核物質管理学会日本支部年次大会, 東京(日本) (2016)

即発\(\gamma\)線分析
藤 暢輔
中性子産業応用セミナー(セイコーエプソン), 長野(日本) (2016)

粒子・重イオン輸送計算コードPHITSを用いたシミュレーション結果の可視化
古高 和禎
可視化情報全国講演会; 日立2016, 日立(日本) (2016)

J-PARCにおけるパルス中性子イメージング技術開発の現状
篠原 武尚、甲斐 哲也、瀬川 麻里子
可視化情報全国講演会; 日立2016, 日立(日本) (2016)

Development of the next-generation micro pixel chamber-based neutron imaging detector (\(\mu\) NID) for energy-resolved neutron imaging with high rate and high spatial resolution at the J-PARC/MLF
J. D. Parker, M. Harada, K. Hiroi, T. Kai, Y. Matsumoto, K. Oikawa, M. Segawa, T. Shinohara, Y. Su, A. Takada, S. Zhang, T. Tanimori, Y. Kiyanagi
2016 IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference (NSS/MIC 2016), Strasbourg(France) (2016)

アクティブ中性子NDA装置内DDA用モデレータの最適厚さの研究
大図 章、前田 亮、米田 政夫、飛田 浩、呉田 昌俊
日本原子力学会2016年秋の大会, 久留米(日本) (2016)

J-PARC ANNRIにおける放射性核種の非破壊分析
藤 暢輔、海老原 充、M. Huang、木村 敦、中村 詔司、瀬川 麻里子
2016日本放射化学会年会・第60回放射化学討論会, 新潟(日本) (2016)

Determination of chemical composition of nickel-based super alloy by TOF-PGA technique
M. Huang, Y. Toh, M. Ebihara, A. Kimura, S. Nakamura
2016日本放射化学会年会・第60回放射化学討論会, 新潟(日本) (2016)

核不拡散非破壊測定技術の開発,2; 中性子共鳴透過分析法
土屋 晴文
京都大学原子炉実験所専門研究会「核燃料物質を対象とした非破壊分析技術に関する研究会」, 熊取(日本) (2016)

高速中性子直接問いかけ法を用いた計量管理装置の研究開発及び実用化例
米田 政夫
京都大学原子炉実験所専門研究会「核燃料物質を対象とした非破壊分析技術に関する研究会」, 熊取(日本) (2016)

Nondestructive analysis of difficult-to-measure radionuclides by TOF-PGA
Y. Toh, M. Ebihara, M. Huang, A. Kimura, S. Nakamura, H. Harada
9th International Conference on Nuclear and Radiochemistry (NRC-9), Helsinki(Finland) (2016)

J-PARC ANNRIにおけるパルス中性子を用いた多重即発\(\gamma\)線分析法の開発
藤 暢輔、海老原 充、M. Huang、瀬川 麻里子、木村 敦、中村 詔司
第11回先進原子力科学技術に関する連携重点研究討論会, 東京(日本) (2016)

Development of correction methods for the time-of-flight prompt \(\gamma\)-ray analysis at ANNRI
M. Huang, Y. Toh, M. Ebihara, A. Kimura, S. Nakamura
第5回ANNRI研究会, 東京(日本) (2016)

中性子共鳴反応を利用した核物質の非破壊測定技術の開発
土屋 晴文
第5回ANNRI研究会, 東京(日本) (2016)

Recent progress of the energy-resolved neutron imaging system, RADEN, at J-PARC
T. Kai, T. Shinohara, K. Oikawa, M. Segawa, T. Nakatani, H. Hayashida, J. D. Parker, Y. Matsumoto, S. Zhang, K. Hiroi, Y. Su, Y. Kiyanagi
8th Workshop on Neutron Wavelength Dependent Imaging (NEUWAVE-8), Abingdon(U. K.) (2016)

Measurement of the E1 and E2 partial cross sections of the \(^{12}\)C(\(\alpha\),\(\gamma\))\(^{16}\)O reaction at E\(_{cm}\) = 1.2 and 1.5 MeV using pulsed \(\alpha\) beam
H. Makii, H. Ueda, Y. Nagai, M. Segawa, Y. Temma, T. Shima, K. Mishima, M. Igashira
14th International Conference on Nuclei in the Cosmos (NIC 2016), Niigata(Japan) (2016)

核不拡散用アクティブ中性子非破壊測定技術の開発,3; DDA装置内中性子束分布の実験的評価研究
前田 亮、米田 政夫、飛田 浩、大図 章、呉田 昌俊
日本原子力学会2016年春の年会, 仙台(日本) (2016)

核不拡散用アクティブ中性子非破壊測定技術の開発,4; 核物質同位体定量用NRTA装置の設計研究
土屋 晴文、北谷 文人、呉田 昌俊、前田 亮
日本原子力学会2016年春の年会, 仙台(日本) (2016)

核不拡散用アクティブ中性子非破壊測定技術の開発,2; 核物質量測定用DDA装置の設計研究
大図 章、前田 亮、米田 政夫、飛田 浩、呉田 昌俊
日本原子力学会2016年春の年会, 仙台(日本) (2016)

核不拡散用アクティブ中性子非破壊測定技術の開発,1; 研究開発計画
呉田 昌俊、小泉 光生、大図 章、土屋 晴文、瀬谷 道夫
日本原子力学会2016年春の年会, 仙台(日本) (2016)

アクティブ中性子法で使用するHe-3代替中性子検出器の検討
米田 政夫、前田 亮、下総 太一、飛田 浩、大図 章、呉田 昌俊
日本原子力学会2016年春の年会, 仙台(日本) (2016)

s過程におけるアイソマー生成比による分岐点,2
早川 岳人、藤 暢輔、木村 敦、中村 詔司、原田 秀郎、静間 俊行
日本物理学会第71回年次大会, 仙台(日本) (2016)

Development of active neutron NDA techniques
M. Kureta
SPIRE Workshop, Uppsala(Sweden) (2016)

中性子放射化分析
藤 暢輔
平成27年度非破壊検査・可視化・分析技術研究会, 東京(日本) (2016)

Development of correction methods for the time-of-flight prompt \(\gamma\)-ray analysis at ANNRI
M. Huang, Y. Toh, M. Ebihara, A. Kimura, S. Nakamura
京都大学原子炉実験所専門研究会, 熊取(日本) (2016)

小型中性子源を用いた核物質測定技術開発
大図 章
平成27年度非破壊検査・可視化・分析技術研究会, 東京(日本) (2016)

2015

「螺鈿」におけるエネルギー分析型中性子イメージングの産業応用
甲斐 哲也、篠原 武尚、及川 健一、中谷 健、瀬川 麻里子、廣井 孝介、Y. Su、林田 洋寿、J. D. Parker、松本 吉弘、S. Zhang、佐藤 博隆、加美山 隆、鬼柳 善明
日本中性子科学会第15回年会(JSNS 2015), 和光(日本) (2015)

J-PARCエネルギー分析型中性子イメージング装置「螺鈿」の現状
篠原 武尚、甲斐 哲也、及川 健一、中谷 健、瀬川 麻里子、原田 正英、廣井 孝介、Y. Su、相澤 一也、林田 洋寿、J. D. Parker、松本 吉弘、S. Zhang、佐藤 博隆、加美山 隆、横田 秀夫、世良 俊博、持木 幸一、鬼柳 善明
日本中性子科学会第15回年会(JSNS 2015), 和光(日本) (2015)

核不拡散・核セキュリティ用アクティブ中性子非破壊測定技術の開発,1; 研究開発の概要、ダイアウェイ時間差分析法
呉田 昌俊、小泉 光生、大図 章、土屋 晴文、北谷 文人、古高 和禎、瀬谷 道夫
京都大学原子炉実験所専門研究会「核燃料物質を対象とした非破壊分析技術に関する研究会」, 熊取(日本) (2015)

高速中性子直接問いかけ法を用いた燃料デブリ内核物質測定装置の設計研究
前田 亮、古高 和禎、呉田 昌俊、大図 章、米田 政夫、飛田 浩、服部 健太朗
京都大学原子炉実験所専門研究会「核燃料物質を対象とした非破壊分析技術に関する研究会」, 熊取(日本) (2015)

核不拡散・核セキュリティ用アクティブ中性子非破壊測定技術の開発,2; 中性子共鳴透過分析法(NRTA)及び中性子共鳴捕獲\(\gamma\)線法(NRCA)
北谷 文人、呉田 昌俊、小泉 光生、土屋 晴文、瀬谷 道夫
京都大学原子炉実験所専門研究会「核燃料物質を対象とした非破壊分析技術に関する研究会」, 熊取(日本) (2015)

高速中性子直接問いかけ法によるウラン廃棄物ドラム缶のNDA測定; 性能確認試験と実ウラン廃棄物測定報告
在間 直樹、中塚 嘉明、中島 伸一、大図 章、米田 政夫、呉田 昌俊
第36回核物質管理学会日本支部年次大会, 東京(日本) (2015)

低線量\(\alpha\)線放出核\(^{211}\)Atの定量的可視化に向けた撮像システムの開発
瀬川 麻里子、西中 一朗、井上 徹、橋本 和幸、呉田 昌俊
2015日本放射化学会年会・第59回放射化学討論会, 仙台(日本) (2015)

J-PARC/MLF/ANNRI NaI(Tl)スペクトロメータを用いたGd-155,157の中性子捕獲断面積の測定
木村 敦、中村 詔司、寺田 和司、中尾 太郎、藤 暢輔、原田 秀郎、井頭 政之、片渕 竜也、水本 元治、高宮 幸一、福谷 哲、藤井 俊行、堀 順一、芝原 雄司
日本原子力学会2015年秋の大会, 静岡(日本) (2015)

Development of correction methods for time-of-flight prompt \(\gamma\)-ray analysis at ANNRI
M. Huang, Y. Toh, M. Ebihara, A. Kimura, S. Nakamura
2015日本放射化学会年会・第59回放射化学討論会, 仙台(日本) (2015)

飛行時間型即発\(\gamma\)線分析による放射性核種分析の実現可能性
藤 暢輔、M. Huang、海老原 充、瀬川 麻里子、木村 敦、中村 詔司
2015日本放射化学会年会・第59回放射化学討論会, 仙台(日本) (2015)

s過程におけるアイソマー生成比による分岐点
早川 岳人、藤 暢輔、木村 敦、中村 詔司、原田 秀郎、静間 俊行
日本物理学会2015年秋季大会(素粒子,核物理,宇宙線・宇宙物理), 大阪(日本) (2015)

アクティブ中性子測定装置JAWAS-Nの導入と実ウラン廃棄物試験運用報告,1; ウラン計量管理機器利用としての検証項目
中塚 嘉明、在間 直樹、中島 伸一、藤木 直樹、洲脇 拓郎、呉田 昌俊、大図 章、米田 政夫
日本原子力学会2015年秋の大会, 静岡(日本) (2015)

アクティブ中性子測定装置JAWAS-Nの導入と実ウラン廃棄物試験運用報告,2; 装置性能・運転実績・放射線安全管理の実績
藤木 直樹、中塚 嘉明、在間 直樹、中島 伸一、洲脇 拓郎、呉田 昌俊、大図 章、米田 政夫
日本原子力学会2015年秋の大会, 静岡(日本) (2015)

アクティブ中性子測定装置JAWAS-Nの導入と実ウラン廃棄物試験運用報告,3; モックアップ試験による装置性能の検証評価
洲脇 拓郎、在間 直樹、中塚 嘉明、藤木 直樹、中島 伸一、呉田 昌俊、大図 章、米田 政夫
日本原子力学会2015年秋の大会, 静岡(日本) (2015)

アクティブ中性子測定装置JAWAS-Nの導入と実ウラン廃棄物試験運用報告,4; 実ウラン廃棄物測定評価の試み
在間 直樹、中塚 嘉明、中島 伸一、藤木 直樹、洲脇 拓郎、呉田 昌俊、大図 章、米田 政夫
日本原子力学会2015年秋の大会, 静岡(日本) (2015)

TES型マイクロカロリーメータを用いた超ウラン元素LX線スペクトル測定
中村 圭佑、前田 亮、森下 祐樹、高崎 浩司、前畑 京介、伊豫本 直子、石橋 健二、満田 和久
日本原子力学会2015年秋の大会, 静岡(日本) (2015)

高エネルギー核データライブラリJENDL-4.0/HE
国枝 賢、岩本 修、岩本 信之、湊 太志、岡本 力、佐藤 達彦、中島 宏、岩元 洋介、岩元 大樹、北谷 文人、深堀 智生、渡辺 幸信、執行 信寛、千葉 敏、山野 直樹、萩原 雅之、仁井田 浩二、小迫 和明、平山 嵩祐、村田 徹
日本原子力学会2015年秋の大会, 静岡(日本) (2015)

核物質の計量管理用非破壊測定技術開発の現状
呉田 昌俊
第4回ANNRI研究会, 東京(日本) (2015)

Prompt \(\gamma\)-ray analysis using pulsed neutrons at J-PARC
Y. Toh, M. Ebihara, M. Huang, A. Kimura, S. Nakamura, H. Harada
14th International Conference on Modern Trends in Activation Analysis & 11th International Conference on Nuclear Analytical Methods in the Life Sciences (MTAA-14/NAMLS-11), Delft(Netherlands) (2015)

J-PARCにおけるパルス中性子による多重即発\(\gamma\)線分析法の開発
藤 暢輔、海老原 充、M. Huang、瀬川 麻里子、木村 敦、中村 詔司、古高 和禎
第10回先進原子力科学技術に関する連携重点研究討論会, 東京(日本) (2015)

ANNRIにおける次世代非破壊元素分析法
藤 暢輔
第4回ANNRI研究会, 東京(日本) (2015)

アクティブ中性子測定装置によるウラン廃棄物ドラム缶測定への試み
洲脇 拓郎、在間 直樹、中島 伸一、中塚 嘉明、藤木 直樹、呉田 昌俊、大図 章
第52回アイソトープ・放射線研究発表会, 東京(日本) (2015)

Present status of energy resolved neutron imaging system "RADEN" in J-PARC
M. Segawa, T. Shinohara, T. Kai, K. Oikawa, M. Harada, T. Nakatani, M. Oi, H. Sato, T. Kamiyama, H. Yokota, T. Sera, K. Mochiki, K. Aizawa, M. Arai, Y. Kiyanagi
2nd Asia-Oceania Conference on Neutron Scattering (AOCNS 2015), Sydney(Austraria) (2015)

Status of resonance absorption imaging in RADEN, J-PARC
T. Kai, Y. Matsumoto, J. D. Parker, M. Segawa, T. Shinohara, K. Hiroi, Y. Su, S. Zhang, H. Hayashida, K. Oikawa, Y. Kiyanagi
2nd Asia-Oceania Conference on Neutron Scattering (AOCNS 2015), Sydney(Austraria) (2015)

Characterization of nuclear material by neutron resonance transmission analysis
P. Schillebeeckx, G. Alaerts, B. Becker, C. Paradela, J. Heyse, S. Kopecky, D. Vendelbo, R. Wynants, H. Harada, F. Kitatani, M. Koizumi, H. Tsuchiya
5th International Meeting of Union for Compact Accelerator-driven Neutron Sources (UCANS-V), Padova(Italy) (2015)

Neutron resonance absorption imaging of a lithium ion battery
T. Kai, K. Hara, Y. Matsumoto, J. Parker, K. Hiroi, M. Segawa, T. Shinohara, H. Hayashida, S. Zhang, K. Oikawa, Y. Kiyanagi
7th Workshop of NEUtron WAVElength-dependent imaging (NEUWAVE-7), Mito(Japan) (2015)

Commissioning of RADEN; Status of the new pulsed neutron imaging instrument at J-PARC MLF
T. Shinohara, T. Kai, K. Oikawa, M. Segawa, T. Nakatani, H. Hayashida, J. D. Parker, Y. Matsumoto, S. Zhang, K. Hiroi, Y. Su, Y. Kiyanagi
7th Workshop of NEUtron WAVElength-dependent imaging (NEUWAVE-7), Mito(Japan) (2015)

高速中性子直接問いかけ法を用いた燃料デブリ非破壊測定に関する研究
前田 亮、古高 和禎、呉田 昌俊、大図 章、飛田 浩、米田 政夫、服部 健太朗
平成27年度日本原子力学会北関東支部若手研究者発表会, 東海(日本) (2015)

固体シンチレータ型中性子検出器を用いたPu用NDA装置の設計製作
大図 章、呉田 昌俊、小林 希望、高瀬 操、倉田 典孝、飛田 浩、春山 満夫、中村 龍也、鈴木 浩幸、坂佐井 馨、曽山 和彦、中村 仁宣、栗田 勉、向 泰宣、瀬谷 道夫
日本原子力学会2015年春の年会, 日立(日本) (2015)

高速中性子直接問いかけ法の燃料デブリへの適用性検討,2; 非破壊測定装置の基本設計
前田 亮、古高 和禎、呉田 昌俊、大図 章、飛田 浩、春山 満夫、米田 政夫、服部 健太朗
日本原子力学会2015年春の年会, 日立(日本) (2015)

高速中性子直接問いかけ法の燃料デブリへの適用性検討,1; 短期計画とパラメータ解析の中間報告
呉田 昌俊、前田 亮、大図 章、古高 和禎、飛田 浩、春山 満夫、米田 政夫、服部 健太朗
日本原子力学会2015年春の年会, 日立(日本) (2015)

NDA R&D activities at JAEA
M. Kureta, M. Koizumi, H. Harada, M. Seya, Y. Naoi
Workshop on Neutron Resonance Densitometry (NRD), Geel(Belgium) (2015)

A Conceptual NRD system and its performance evaluation
H. Tsuchiya, H. Harada, M. Koizumi, F. Kitatani, M. Kureta, J. Takamine, H. Iimura, A. Kimura, B. Becker, J. Heyse, S. Kopecky, A. Moens, W. Mondelaers, C. Paradela, P. Schillebeeckx
Workshop on Neutron Resonance Densitometry (NRD), Geel(Belgium) (2015)

ANNRIにおける核種分析の現状
藤 暢輔、海老原 充、M. Huang、木村 敦、中村 詔司、原田 秀郎
第3回物質構造科学研究所サイエンスフェスタ; 第6回MLFシンポジウム/第32回PFシンポジウム, つくば(日本) (2015)

J-PARC ANNRIにおける\(\gamma\)線分光とその展望
藤 暢輔、木村 敦、中村 詔司、原田 秀郎
日本物理学会第70回年次大会, 東京(日本) (2015)

中性子捕獲反応におけるアイソマー生成比
早川 岳人、藤 暢輔、木村 敦、中村 詔司、静間 俊行
日本原子力学会2015年春の年会, 日立(日本) (2015)

How to measure prompt \(\gamma\)-rays under strong background
M. Koizumi, H. Tsuchiya, F. Kitatani, H. Harada, J. Takamine, M. Kureta, H. Iimura, A. Kimura, M. Seya, C. Paradela, J. Heyse, S. Kopecky, W. Mondelaers, P. Schillebeeckx
Workshop on Neutron Resonance Densitometry (NRD), Geel(Belgium) (2015)

Challenge towards quantification of SNM from Fukushima Daiichi by NRD
H. Harada, M. Koizumi, H. Tsuchiya, F. Kitatani, M. Seya, B. Becker, J. Heyse, S. Kopecky, C. Paradela, P. Schillebeeckx
Workshop on Neutron Resonance Densitometry (NRD), Geel(Belgium) (2015)

2014

J-PARCエネルギー分析型中性子イメージング装置RADENの現状
篠原 武尚、甲斐 哲也、及川 健一、瀬川 麻里子、原田 正英、中谷 健、大井 元貴、新井 正敏、相澤 一也、加美山 隆、佐藤 博隆、横田 秀夫、世良 俊博、持木 幸一、林田 洋寿、J. Parker、松本 吉弘、S. Zhang、鬼柳 善明
日本中性子科学会第14回年会(JSNS 2014), 札幌(日本) (2014)

JRR-3, J-PARCにおける多重即発\(\gamma\)線分析と飛行時間法を用いた即発\(\gamma\)線分析
藤 暢輔
「日本、オーストラリアのNAAの現状と日豪連携」セミナー, 東京(日本) (2014)

J-PARCの分析・可視化装置の状況
藤 暢輔
平成26年度非破壊検査・可視化・分析技術研究会, 大阪(日本) (2014)

Current activities for nuclear data measurements at ANNRI
A. Kimura, H. Harada, S. Nakamura, Y. Toh, M. Igashira, T. Katabuchi, M. Mizumoto, J. Hori, K. Kino
2014年度核データ研究会, 札幌(日本) (2014)

Measurement of neutron-capture cross section of \(^{120}\)Sn with the array of Ge spectrometer at the J-PARC/MLF/ANNRI
A. Kimura, H. Harada, S. Nakamura, Y. Toh, M. Igashira, T. Katabuchi, M. Mizumoto, J. Hori, K. Kino
2014年度核データ研究会, 札幌(日本) (2014)

ANNRIにおける放射化分析
藤 暢輔、海老原 充、木村 敦、中村 詔司、原田 秀郎、M. Huang
2014年度核データ研究会, 札幌(日本) (2014)

Neutron transmutation doping of silicon and boron neutron capture therapy in research reactors
M. Komeda
3rd Vietnam/Japan Research/HRD Forum on Nuclear Technology, Dalat(Vietnam) (2014)

Development of a microcalorimeter for measurement of L X-rays emitted from transuranium elements
K. Nakamura, M. Maeda, K. Maehata, N. Iyomoto, K. Ishibashi, K. Takasaki, K. Mitsuda
2014 IEEE Nuclear Science Symposium and Medical Imaging Conference; 21st Symposium on Room-Temperature Semiconductor X-ray and \(\gamma\)-ray detectors (NSS/MIC 2014), Seattle(U. S. A.) (2014)

He-3代替セラミックシンチレータ型中性子検出器の光伝搬特性
大図 章、高瀬 操、春山 満夫、倉田 典孝、小林 希望、飛田 浩、呉田 昌俊、中村 龍也、藤 健太郎、鈴木 浩幸、坂佐井 馨、曽山 和彦、瀬谷 道夫
日本原子力学会2014年秋の大会, 京都(日本) (2014)

飛行時間法を用いた多重即発\(\gamma\)線分析法開発の現状
藤 暢輔
2014日本放射化学会年会・第58回放射化学討論会, 名古屋(日本) (2014)

飛行時間法を用いた即発\(\gamma\)線分析のためのJ-PARC ANNRI開発
藤 暢輔
JASIS 2014コンファレンス; 加速器を用いた元素分析法・放射化分析法, 千葉(日本) (2014)

即発\(\gamma\)線分析
藤 暢輔
中性子産業応用セミナー(日立化成), 深谷(日本) (2014)

Cd-112(n,\(\gamma\))反応における\(\gamma\)線測定
早川 岳人、藤 暢輔、静間 俊行、木村 敦、中村 詔司、原田 秀郎
日本原子力学会2014年秋の大会, 京都(日本) (2014)

アクティブ中性子測定法"FNDI"法のウラン廃棄物ドラム缶測定法への応用
中塚 嘉明、在間 直樹、中島 伸一、藤木 直樹、大図 章、春山 満夫、呉田 昌俊
日本原子力学会中国・四国支部第8回研究発表会, 福山(日本) (2014)

J-PARCパルス中性子イメージング装置の建設状況
甲斐 哲也、篠原 武尚、及川 健一、瀬川 麻里子、原田 正英、中谷 健、大井 元貴、佐藤 博隆、加美山 隆、横田 秀夫、俵 丈展、世良 俊博、鬼柳 善明
製造業における中性子利用研究会, 名古屋(日本) (2014)

The Computing environment for the Energy-Resolved Neutron Imaging System
T. Nakatani, T. Shinohara, T. Kai, M. Segawa
10th New Opportunities for Better User Group Software 2014 (NOBUGS 2014), Tsukuba(Japan) (2014)

The First energy-resolved neutron imaging system in the world; RADEN at J-PARC MLF
T. Shinohara, T. Kai, K. Oikawa, M. Segawa, M. Harada, T. Nakatani, M. Oi, H. Sato, T. Kamiyama, H. Yokota, T. Sera, K. Mochiki, K. Aizawa, M. Arai, Y. Kiyanagi
21st International Collaboration on Advanced Neutron Source (ICANS-21), Mito(Japan) (2014)

J-PARCにおけるパルス中性子による多重即発\(\gamma\)線分析法の開発
藤 暢輔
第9回先進原子力科学技術に関する連携重点研究討論会および原子力機構施設利用一般共同研究成果報告会, 水戸(日本) (2014)

J-PARC ANNRIにおける放射化分析法開発
藤 暢輔
日本放射化学会第53回核化学夏の学校, 恵那(日本) (2014)

中性子エネルギー分解型イメージング装置建設の状況
甲斐 哲也、篠原 武尚、及川 健一、瀬川 麻里子、飯倉 寛、原田 正英、中谷 健、大井 元貴、佐藤 博隆、加美山 隆、横田 秀夫、俵 丈展、世良 俊博、鬼柳 善明
第51回アイソトープ・放射線研究発表会, 東京(日本) (2014)

アクティブ中性子NDA測定装置に使用される超小型加速器の安全評価
在間 直樹、時澤 孝之、中塚 嘉明、中島 伸一、吉田 英明、呉田 昌俊、大図 章、米田 政夫、春山 満夫、高瀬 操、藤木 直樹
日本保健物理学会第47回研究発表会, 鏡野(日本) (2014)

Progress of constructing energy-resolved neutron imaging system at J-PARC MLF
T. Shinohara, K. Oikawa, M. Segawa, H. Iikura, M. Harada, T. Nakatani, M. Oi, H. Sato, T. Kamiyama, H. Yokota, T. Sera, K. Mochiki, Y. Kiyanagi
6th workshop on NEUtron WAVElength-dependent imaging (NEUWAVE-6), Garching(Germany) (2014)

パルス中性子源を利用した中性子共鳴濃度分析法の開発,5; 中性子共鳴透過分析システムの性能に対するパルス幅及び飛行距離の影響評価
高峰 潤、原田 秀郎、呉田 昌俊、小泉 光生、北谷 文人、土屋 晴文、飯村 秀紀、木村 敦
日本原子力学会2014年春の年会, 東京(日本) (2014)

He-3代替中性子検出器を用いた代替PCASの設計製作
大図 章、高瀬 操、倉田 典孝、小林 希望、吉野 誠二、呉田 昌俊、中村 龍也、曽山 和彦、中村 仁宣、瀬谷 道夫、坂佐井 馨、藤 健太郎、鈴木 浩幸、栗田 勉、春山 満夫
日本原子力学会2014年春の年会, 東京(日本) (2014)

高速中性子直接問いかけ法による核物質定量法
春山 満夫、大図 章、高瀬 操、米田 政夫、呉田 昌俊
日本原子力学会2014年春の年会, 東京(日本) (2014)

アクティブ中性子測定法"FNDI法"のウラン廃棄物ドラム缶測定への応用,3; 特性試験結果の評価
在間 直樹、中塚 嘉明、藤木 直樹、中島 伸一、吉田 英明、呉田 昌俊、大図 章、米田 政夫、高瀬 操、春山 満夫
日本原子力学会2014年春の年会, 東京(日本) (2014)

アクティブ中性子測定法"FNDI法"のウラン廃棄物ドラム缶測定への応用,1; アクティブ中性子NDA測定装置の構築
中塚 嘉明、在間 直樹、藤木 直樹、中島 伸一、吉田 英明、呉田 昌俊、大図 章、米田 政夫、高瀬 操、春山 満夫
日本原子力学会2014年春の年会, 東京(日本) (2014)

アクティブ中性子測定法"FNDI法"のウラン廃棄物ドラム缶測定への応用,2; アクティブ中性子NDA測定装置の安全評価・試験計画
在間 直樹、中塚 嘉明、藤木 直樹、中島 伸一、吉田 英明、呉田 昌俊、大図 章、米田 政夫、高瀬 操、春山 満夫
日本原子力学会2014年春の年会, 東京(日本) (2014)

アクティブ中性子測定法"FNDI法"のウラン廃棄物ドラム缶測定への応用,4; 特性試験結果の解析評価
米田 政夫、大図 章、春山 満夫、高瀬 操、呉田 昌俊、中塚 嘉明、在間 直樹、中島 伸一
日本原子力学会2014年春の年会, 東京(日本) (2014)

核セキュリティ用He-3代替中性子検出器の開発; 矩形型シンチレータ検出器の中性子検出特性の評価
坂佐井 馨、中村 龍也、藤 健太郎、鈴木 浩幸、大図 章、海老根 守澄、美留町 厚、高瀬 操、倉田 典孝、吉野 誠二、呉田 昌俊、曽山 和彦、瀬谷 道夫
日本原子力学会2014年春の年会, 東京(日本) (2014)

パルス中性子源を利用した中性子共鳴濃度分析法の開発,6; 中性子共鳴透過分析法に対する測定サンプル厚の影響の調査
土屋 晴文、原田 秀郎、小泉 光生、北谷 文人、高峰 潤、呉田 昌俊、飯村 秀紀
日本原子力学会2014年春の年会, 東京(日本) (2014)

J-PARC/MLF/ANNRIを用いたLi-6, 7の中性子捕獲断面積測定
牧井 宏之、瀬川 麻里子、太田 周也、木村 敦、西中 一朗、西尾 勝久、原田 秀郎
日本原子力学会2014年春の年会, 東京(日本) (2014)

A Step in the development of a radioactive inventory estimation system for TEPCO's Fukushima Daiichi NPS debris; Calculation/measurement of \(\gamma\)-ray detection efficiencies
K. Furutaka, K. Okumura, K. Kojima, H. Hagura, T. Okamoto
4th Meeting of the Expert Group on Radiation Transport and Shielding of OECD/NEA Working Party on Scientific Issues of Reactor Systems (WPRS), Issy-les-Moulineaux(France) (2014)

2013

Measurement of neutron capture cross section of Li-7 at J-PARC/MLF/ANNRI
H. Makii, M. Segawa, S. Ota, A. Kimura, I. Nishinaka, K. Nishio, H. Harada
12th International Symposium on Origin of Matter and Evolution of Galaxies (OMEG-12), Tsukuba(Japan) (2013)

高感度・高速ゲートカメラシステムを用いた3次元パルス中性子イメージング
瀬川 麻里子、大井 元貴、甲斐 哲也、篠原 武尚、井上 徹、呉田 昌俊
高速度イメージングとフォトニクスに関する総合シンポジウム2013(JCHSIP 2013), 室蘭(日本) (2013)

He-3代替固体シンチレータ型中性子検出器の導光特性の長さ依存性
大図 章、中村 龍也、高瀬 操、倉田 典孝、春山 満夫、曽山 和彦、呉田 昌俊、瀬谷 道夫
日本原子力学会2013年秋の大会, 八戸(日本) (2013)

Current status and future perspective on time-of-flight prompt \(\gamma\)-ray analysis combined with \(\gamma\)-ray coincidence technique
Y. Toh, M. Ebihara, K. Hara, A. Kimura, H. Harada, S. Nakamura, M. Koizumi, K. Furutaka, F. Kitatani
5th Asia-Pacific Symposium on Radiochemistry (APSORC '13), Kanazawa(Japan) (2013)

アクティブ測定法によるウラン廃棄物中のウラン重量測定の試み
在間 直樹、中塚 嘉明、中島 伸一、呉田 昌俊、大図 章、高瀬 操
日本原子力学会2013年秋の大会, 八戸(日本) (2013)

中性子放射化法を用いたNp-237の中性子捕獲断面積の測定
中村 詔司、北谷 文人、原田 秀郎、藤井 俊行、上原 章寛、山名 元
日本原子力学会2013年秋の大会, 八戸(日本) (2013)

J-PARC/MLF/ANNRI NaI(Tl)スペクトロメータを用いたPd-107の中性子捕獲断面積の測定
寺田 和司、片渕 竜也、水本 元治、新井 拓郎、齋藤 辰宏、廣瀬 健太郎、中村 詔司、木村 敦、原田 秀郎、堀 順一、木野 幸一、鬼柳 善明
日本原子力学会2013年秋の大会, 八戸(日本) (2013)

J-PARC/MLF/ANNRI NaI(Tl)スペクトロメータ及びGeスペクトロメータを用いたGd-157の中性子捕獲断面積の測定
木村 敦、廣瀬 健太郎、中村 詔司、原 かおる、原田 秀郎、千葉 豪、片渕 竜也、寺田 和司、水本 元治、井頭 政之
日本原子力学会2013年秋の大会, 八戸(日本) (2013)

J-PARC/ANNRIにおけるパルス中性子による多重即発\(\gamma\)線分析法開発
藤 暢輔、海老原 充
第8回先進原子力科学技術に関する連携重点研究討論会及び各共同研究成果報告会, 日立(日本) (2013)

多重\(\gamma\)線検出法による放射化分析の高度化と今後の展望
藤 暢輔
第8回先進原子力科学技術に関する連携重点研究討論会及び各共同研究成果報告会, 日立(日本) (2013)

He-3代替固体シンチレータ中性子検出器を用いた核物質測定システム開発
呉田 昌俊、曽山 和彦、中村 仁宣、瀬谷 道夫、大図 章、中村 龍也、春山 満夫
日本原子力学会2013年春の年会, 東大阪(日本) (2013)

高速度カメラを用いたパルス中性子3次元イメージングの基礎的研究
瀬川 麻里子、大井 元貴、甲斐 哲也、篠原 武尚、呉田 昌俊、佐藤 博隆
日本原子力学会2013年春の年会, 東大阪(日本) (2013)

He-3代替固体シンチレータ型中性子検出器の開発,2; 矩形型シンチレータ検出器の導光特性
大図 章、中村 龍也、高瀬 操、倉田 典孝、春山 満夫、曽山 和彦、呉田 昌俊、瀬谷 道夫
日本原子力学会2013年春の年会, 東大阪(日本) (2013)

パルス中性子源を利用した中性子共鳴濃度分析法の開発,2; 溶融核燃料中核物質測定のためのD-Tパルス中性子源の設計研究
高峰 潤、呉田 昌俊、原田 秀郎、北谷 文人、小泉 光生、土屋 晴文、飯村 秀紀
日本原子力学会2013年春の年会, 東大阪(日本) (2013)

He-3代替固体シンチレータ型中性子検出器の開発,3; 多チャンネルADC, 信号処理ボードの開発
海老根 守澄、美留町 厚、中村 龍也、大図 章、高瀬 操、藤 健太郎、坂佐井 馨、曽山 和彦、呉田 昌俊、瀬谷 道夫
日本原子力学会2013年春の年会, 東大阪(日本) (2013)

He-3代替固体シンチレータ型中性子検出器の開発,4; WLSF型検出器のための高速フォトンカウンティング回路
美留町 厚、海老根 守澄、中村 龍也、大図 章、高瀬 操、藤 健太郎、坂佐井 馨、曽山 和彦、呉田 昌俊、瀬谷 道夫
日本原子力学会2013年春の年会, 東大阪(日本) (2013)

He-3代替固体シンチレータ型中性子検出器の開発,1; 矩形型及びWLSF型シンチレータ検出器の基礎特性
中村 龍也、大図 章、藤 健太郎、海老根 守澄、美留町 厚、鈴木 浩幸、本田 克徳、高瀬 操、倉田 典孝、春山 満夫、坂佐井 馨、曽山 和彦、呉田 昌俊、瀬谷 道夫
日本原子力学会2013年春の年会, 東大阪(日本) (2013)

パルス中性子源を利用した中性子共鳴濃度分析法の開発,3; 含有ボロンの中性子透過スペクトルへの影響評価
北谷 文人、原田 秀郎、小泉 光生、土屋 晴文、飯村 秀紀、呉田 昌俊、高峰 潤
日本原子力学会2013年春の年会, 東大阪(日本) (2013)

パスル中性子源を利用した中性子共鳴濃度分析法の開発,4; 中性子捕獲\(\gamma\)線測定用スペクトロメータの設計研究
土屋 晴文、原田 秀郎、小泉 光生、北谷 文人、飯村 秀紀、高峰 潤、呉田 昌俊
日本原子力学会2013年春の年会, 東大阪(日本) (2013)

パルス中性子源を利用した中性子共鳴濃度分析法の開発,1; 分析原理及び開発計画
原田 秀郎、北谷 文人、小泉 光生、土屋 晴文、飯村 秀紀、呉田 昌俊、高峰 潤、瀬谷 道夫
日本原子力学会2013年春の年会, 東大阪(日本) (2013)

JRR-3におけるフィルター機能付新型シリコン照射ホルダーの開発
米田 政夫、新居 昌至、和田 茂、木村 崇弘、川崎 幸三
日本原子力学会2013年春の年会, 東大阪(日本) (2013)

Present status of a new pulsed neutron imaging instrument at J-PARC
M. Segawa, T. Shinohara, T. Kai, H. Iikura, M. Oi, K. Oikawa, M. Harada, K. Sakai, K. Soyama, K. Aizawa, M. Arai, T. Kamiyama, H. Sato, K. Kino, H. Yokota, Y. Yamagata, M. Kureta, T. Sakai, R. Yasuda, M. Matsubayashi, Y. Saito, Y. Kawabata, K. Mochiki, Y. Kiyanagi
12th Korea-Japan Meeting on Neutron Science, Nishihara(Japan) (2013)

2012

J-PARC MLFに建設する新しいパルス中性子イメージング装置「物質情報3次元可視化装置」の概要と現状
篠原 武尚、甲斐 哲也、瀬川 麻里子、大井 元貴、及川 健一、原田 正英、中谷 健、酒井 健二、飯倉 寛、相澤 一也、曽山 和彦、新井 正敏、呉田 昌俊、酒井 卓郎、安田 良、松林 政仁、鬼柳 善明、加美山 隆、佐藤 博隆、木野 幸一、横田 秀夫、山形 豊、齋藤 泰司、川端 祐司、持木 幸一
日本中性子科学会第12回年会, 京都(日本) (2012)

中性子核反応測定装置(ANNRI)の元素分析分野への展開
藤 暢輔
非破壊検査・可視化・分析技術研究会平成24年度第1回研究会, 東京(日本) (2012)

高速度カメラを用いたパルス中性子3次元イメージング技術
瀬川 麻里子、大井 元貴、甲斐 哲也、篠原 武尚、呉田 昌俊
第4回J-PARC/MLFシンポジウム・茨城県ビームライン平成23年度成果報告, 東京(日本) (2012)

Np-237の中性子捕獲断面積測定
廣瀬 健太郎、古高 和禎、原 かおる、原田 秀郎、木村 敦、金 政浩、北谷 文人、小泉 光生、中村 詔司、大島 真澄、藤 暢輔、井頭 政之、片渕 竜也、水本 元治、加美山 隆、木野 幸一、鬼柳 善明、堀 順一
第4回J-PARC/MLFシンポジウム・茨城県ビームライン平成23年度成果報告, 東京(日本) (2012)

パルス中性子を用いた共鳴吸収ラジオグラフィに適した元素
甲斐 哲也、前川 藤夫、加美山 隆、瀬川 麻里子、大井 元貴、原田 正英、篠原 武尚、佐藤 博隆、鬼柳 善明
第4回J-PARC/MLFシンポジウム・茨城県ビームライン平成23年度成果報告, 東京(日本) (2012)

固体シンチレータ中性子検出器の導光特性解析
大図 章、呉田 昌俊、瀬谷 道夫、春山 満夫、高瀬 操、倉田 典孝、曽山 和彦、中村 龍也
2012年秋季第73回応用物理学会学術講演会, 松山(日本) (2012)

ANNRIを用いたアメリシウム241の中性子捕獲断面積測定
原田 秀郎、太田 雅之、木村 敦、廣瀬 健太郎、原 かおる、大島 真澄、北谷 文人、金 政浩、小泉 光生、後神 進史、藤 暢輔、中村 詔司、古高 和禎、井頭 政之、片渕 竜也、水本 元治、木野 幸一、鬼柳 善明、高宮 幸一、福谷 哲、藤井 俊行、堀 順一
日本原子力学会2012年秋の大会, 東広島(日本) (2012)

J-PARC/ANNRI-NaI(Tl)検出器を用いたSn-119の中性子捕獲断面積の測定
廣瀬 健太郎、大島 真澄、北谷 文人、木村 敦、小泉 光生、藤 暢輔、中村 詔司、原 かおる、原田 秀郎、古高 和禎、井頭 政之、片渕 竜也、寺田 和司、松橋 泰平、水本 元治、加美山 隆、木野 幸一、鬼柳 善明、堀 順一
日本原子力学会2012年秋の大会, 東広島(日本) (2012)

クラスター型Ge検出器の応答関数測定とシミュレーション
原 かおる、後神 進史、原田 秀郎、廣瀬 健太郎、木村 敦、金 政浩、北谷 文人、小泉 光生、中村 詔司、藤 暢輔
日本原子力学会2012年秋の大会, 東広島(日本) (2012)

ANNRIを用いたPd-108の中性子捕獲断面積測定
中村 詔司、木村 敦、北谷 文人、金 政浩、小泉 光生、藤 暢輔、原 かおる、廣瀬 健太郎、古高 和禎、原田 秀郎、大島 真澄、片渕 竜也、水本 元治、井頭 政之、木野 幸一、平賀 富士夫、加美山 隆、鬼柳 善明、堀 順一、八島 浩
日本原子力学会2012年秋の大会, 東広島(日本) (2012)

A Preliminary study of prompt \(\gamma\)-ray activation analysis using pulsed neutron at J-PARC/ANNRI
Y. Toh, H. Harada, A. Kimura, S. Nakamura, K. Furutaka, F. Kitatani, K. Hara, M. Koizumi, M. Ebihara
8th International Conference on Nuclear and Radiochemistry (NRC-8), Como(Italy) (2012)

JAEAにおける代理反応研究の成果; 核分裂断面積の測定
西尾 勝久、永山 達郎、西中 一朗、光岡 真一、牧井 宏之、太田 周也、古高 和禎、塚田 和明、浅井 雅人、石井 哲朗、千葉 敏、若林 泰夫、大槻 勤
日本原子力学会2012年秋の大会, 東広島(日本) (2012)

JAEAにおける代理反応研究の成果,3; 中性子捕獲断面積の導出
牧井 宏之、石井 哲朗、太田 周也、西尾 勝久、永山 達郎、西中 一朗、古高 和禎、光岡 真一
日本原子力学会2012年秋の大会, 東広島(日本) (2012)

中性子ラジオグラフィによるエンジンオイルの作動状態の観測
瀬川 麻里子、呉田 昌俊、飯倉 寛、江藤 剛治
平成24年度中性子産業応用セミナー, 大阪(日本) (2012)

中性子イメージングによる高速撮影技術開発
瀬川 麻里子、呉田 昌俊、飯倉 寛、江藤 剛治
中性子産業応用セミナー(住友化学), 大阪(日本) (2012)

パルス中性子を用いた多重即発\(\gamma\)線分析の現状と課題
藤 暢輔
第1回ANNRI研究会, 東京(日本) (2012)

J-PARCにおけるパルス中性子による多重即発\(\gamma\)線分析法の開発
藤 暢輔、海老原 充
第7回先進原子力科学技術に関する連携重点研究討論会, ひたちなか(日本) (2012)

ANNRI-NaI(Tl)スペクトロメータを用いた\(^{237}\)Np\((n,\gamma)\)反応の断面積測定
廣瀬 健太郎
第1回ANNRI研究会, 東京(日本) (2012)

Measurement of energy distribution of laser-Compton scattering(LCS) \(\gamma\)-ray by the high-resolution high-energy photon spectrometer (HHS)
F. Kitatani
NewSUBARU新\(\gamma\)線ビームライン利用ワークショップ, 上郡(日本) (2012)

He-3代替固体シンチレータ中性子検出器開発,2; 固体シンチレータの反応確率の評価計算
大図 章、呉田 昌俊、瀬谷 道夫、春山 満夫、高瀬 操、倉田 典孝、曽山 和彦、中村 龍也
日本原子力学会2012年春の年会, 福井(日本) (2012)

He-3代替固体シンチレータ中性子検出器開発,1; 研究開発計画
呉田 昌俊、曽山 和彦、瀬谷 道夫、大図 章、春山 満夫、中村 龍也、藤 健太郎、坂佐井 馨
日本原子力学会2012年春の年会, 福井(日本) (2012)

多相溶湯製造時のその場レーザー分光分析試験
舘 義昭、大図 章、有田 裕二
日本原子力学会2012年春の年会, 福井(日本) (2012)

代理反応研究のためのシリコン\(\Delta\)E-E検出器の開発
永山 達郎、千葉 敏、西尾 勝久、西中 一朗、光岡 真一、牧井 宏之、古高 和禎、若林 泰生、石井 哲朗、塚田 和明
日本原子力学会2012年春の年会, 福井(日本) (2012)

多重即発\(\gamma\)線検出装置STELLAを用いたNi-62の熱中性子捕獲断面積測定
大島 真澄、金 政浩、湊 太志、中村 詔司、原 かおる、木村 敦、小泉 光生、原田 秀郎、本間 道雄、後藤 淳、村上 幸弘
日本原子力学会2012年春の年会, 福井(日本) (2012)

J-PARC物質情報3次元可視化装置用信号積算型高速度カメラの整備計画
呉田 昌俊、江藤 剛治、新井 正敏、篠原 武尚、瀬川 麻里子
京都大学原子炉実験所中性子イメージング専門研究会, 熊取(日本) (2012)

2011

大口径NTD-Si半導体の均一照射技術に関する研究
米田 政夫
NEDO省エネルギー技術フォーラム2011, 東京(日本) (2011)

Developments of pulsed neutron imaging system with camera-type detectors at J-PARC
M. Segawa, T. Kai, M. Oi, T. Shinohara, T. Eto, M. Arai, M. Kureta
1st Asia-Oceania Conference on Neutron Scattering (1st AOCNS), Tsukuba(Japan) (2011)

Neutron capture study using the ANNRI
H. Harada, T. Fujii, S. Fukutani, K. Furutaka, S. Goko, K. Hara, K. Hirose, J. Hori, M. Igashira, T. Kamiyama, T. Katabuchi, A. Kimura, T. Kin, K. Kino, F. Kitatani, Y. Kiyanagi, M. Koizumi, M. Mizumoto, S. Nakamura, M. Ota, M. Oshima, K. Takamiya, Y. Toh
1st Asia-Oceania Conference on Neutron Scattering (1st AOCNS), Tsukuba(Japan) (2011)

Elemental distribution measurement for Au-In-Cd alloy with resonance absorption neutron imaging technique
M. Oi, M. Harada, M. Teshigawara, F. Maekawa, E. Hashimoto, M. Segawa, M. Kureta
1st Asia-Oceania Conference on Neutron Scattering (1st AOCNS), Tsukuba(Japan) (2011)

核セキュリティのための先進的アクティブ中性子法の適用
春山 満夫、呉田 昌俊、大図 章、高瀬 操
平成23年度電気学会東京支部連合研究会, 東京(日本) (2011)

LaBr\(_{3}\)検出器による高速中性子捕獲反応の測定手法開発
原 かおる、原田 秀郎、藤 暢輔、堀 順一
日本原子力学会2011年秋の大会, 北九州(日本) (2011)

中性子核反応測定装置(ANNRI)を用いた\(^{237}\)Npの中性子捕獲断面積測定
廣瀬 健太郎、大島 真澄、北谷 文人、木村 敦、金 政浩、小泉 光生、藤 暢輔、中村 詔司、原 かおる、原田 秀郎、古高 和禎、井頭 政之、片渕 竜也、水本 元治、加美山 隆、木野 幸一、鬼柳 善明、堀 順一
日本原子力学会2011年秋の大会, 北九州(日本) (2011)

中性子核反応測定装置ANNRIを用いた\(^{107}\)Pd及び安定Pd同位体の中性子捕獲断面積測定
中村 詔司、太田 雅之、大島 真澄、北谷 文人、木村 敦、金 政浩、小泉 光生、後神 進史、藤 暢輔、原 かおる、原田 秀郎、廣瀬 健太郎、古高 和禎、井頭 政之、片渕 竜也、水本 元治、木野 幸一、鬼柳 善明、堀 順一、高宮 幸一、福谷 哲、藤井 俊行
日本原子力学会2011年秋の大会, 北九州(日本) (2011)

自動核準位構築法の\(^{35}\)Cl(n,\(\gamma\))反応を用いた有効性の研究
金 政浩、大島 真澄、原 かおる、木村 敦、藤 暢輔、小泉 光生、原田 秀郎
日本原子力学会2011年秋の大会, 北九州(日本) (2011)

多重即発\(\gamma\)線検出装置STELLAを用いたNi-63の核構造研究
大島 真澄、金 政浩、原 かおる、中村 詔司、木村 敦、小泉 光生、湊 太志、原田 秀郎、本間 道雄、後藤 淳、村上 幸弘
日本原子力学会2011年秋の大会, 北九州(日本) (2011)

J-PARCパルス中性子源を使った混相流計測に関する中性子シミュレーションによる可能性の研究
呉田 昌俊、高峰 潤、橋本 英子、瀬川 麻里子
日本機械学会第16回動力・エネルギー技術シンポジウム, 吹田(日本) (2011)

美濃帯坂祝セクションの上部トリアス系チャートから見つかったイジェクタ層の堆積年代
尾上 哲治、佐藤 峰南、中村 智樹、初川 雄一、大澤 崇人、藤 暢輔、小泉 光生
日本地球惑星科学連合2011年大会, 千葉(日本) (2011)

美濃帯南部、上部トリアス系層状チャートから見つかったイリジウム異常,Niに富むスピネル粒子,マイクロスフェルール
佐藤 峰南、尾上 哲治、中村 智樹、野口 高明、初川 雄一、大澤 崇人、藤 暢輔、小泉 光生
日本地球惑星科学連合2011年大会, 千葉(日本) (2011)

中性子ビーム平行度が中性子CT像に及ぼす影響評価
橋本 英子、瀬川 麻里子、飯倉 寛、呉田 昌俊
日本原子力学会2011年春の年会, 福井(日本) (2011)

中性子CT用高速再構成アルゴリズムの研究開発
呉田 昌俊
日本原子力学会2011年春の年会, 福井(日本) (2011)

アクティブ中性子法による核セキュリティに関する研究開発; 航空手荷物中の不法隠匿核物質の秒速探知
春山 満夫、呉田 昌俊、大図 章、高瀬 操
日本原子力学会2011年春の年会, 福井(日本) (2011)

中性子核反応測定装置ANNRIを用いたアメリシウム241の中性子捕獲断面積測定
原田 秀郎、太田 雅之、大島 真澄、北谷 文人、木村 敦、金 政浩、小泉 光生、後神 進史、藤 暢輔、中村 詔司、古高 和禎、井頭 政之、片渕 竜也、水本 元治、木野 幸一、鬼柳 善明、高宮 幸一、福谷 哲、藤井 俊行、堀 順一
日本原子力学会2011年春の年会, 福井(日本) (2011)

中性子核反応測定装置ANNRIを用いたパラジウム107の中性子捕獲断面積測定
中村 詔司、太田 雅之、大島 真澄、北谷 文人、木村 敦、金 政浩、小泉 光生、後神 進史、藤 暢輔、原 かおる、原田 秀郎、古高 和禎、井頭 政之、片渕 竜也、水本 元治、木野 幸一、鬼柳 善明、堀 順一、高宮 幸一、福谷 哲、藤井 俊行
日本原子力学会2011年春の年会, 福井(日本) (2011)

Measurements of iridium concentration in geological standard samples using neutron activation analysis with \(\gamma\)-\(\gamma\) coincidence method
Y. Hatsukawa, T. Osawa, M. Oshima, Y. Toh, A. Kimura, M. Koizumi, K. Furutaka
13th International Conference on Modern Trends in Activation Analysis (MTAA-13), College Station(U. S. A.) (2011)

非均質マルチコアプロセッサーを用いた中性子イメージングのための高速データ処理
櫛田 慶幸、藤林 健一、呉田 昌俊、瀬川 麻里子、篠原 武尚、武宮 博
日本原子力学会2011年春の年会, 福井(日本) (2011)

JRR-3における天然Mo照射による\(^{99}\)Mo生成量の検討
米田 政夫、広瀬 彰、反田 孝美、和田 茂、石川 幸治
日本原子力学会2011年春の年会, 福井(日本) (2011)

Se同位体光核反応断面積測定結果と統計モデル計算TALYSによる計算結果の比較; \(\gamma\)線強度関数の選択
北谷 文人、後神 進史、原田 秀郎、秋宗 秀俊、宇都宮 弘章、豊川 弘之、山田 家和勝
日本原子力学会2011年春の年会, 福井(日本) (2011)

中性子3次元CTに関する実用化テクニックの研究開発
呉田 昌俊
京都大学原子炉実験所中性子イメージング専門研究会, 熊取(日本) (2011)

2010

カメラ型デバイスを用いたパルス中性子イメージング技術の開発
瀬川 麻里子、甲斐 哲也、大井 元貴、呉田 昌俊
日本中性子科学会第10回年会, 仙台(日本) (2010)

高度計算機科学を活用した中性子ビジュアルセンシング技術
呉田 昌俊
日本アイソトープ協会理工学部会・ライフサイエンス部会平成22年度オータムセミナー, 蒲郡(日本) (2010)

高速度カメラによるパルス中性子イメージング
瀬川 麻里子、甲斐 哲也、大井 元貴、呉田 昌俊
J-PARC/MLF BL04+BL10研究会, 東海(日本) (2010)

マルチビーム中性子場に及ぼす1次中性子スペクトルの影響
呉田 昌俊、高峰 潤、岡本 孝司
日本原子力学会2010年秋の大会, 札幌(日本) (2010)

J-PARC利用の元素識別センシング技術
瀬川 麻里子、甲斐 哲也、篠原 武尚、原田 正英、及川 健一、前川 藤夫、大井 元貴、酒井 卓郎、松林 政仁、呉田 昌俊
産学連携交流会, 東海(日本) (2010)

\(^{129}\)Iの高速中性子捕獲断面積の測定
中村 詔司、藤 暢輔、初川 雄一、木村 敦、原田 秀郎、安見 厚志、仲川 勉、間渕 幸雄、斉藤 勲、石渡 祐樹
日本原子力学会2010年秋の大会, 札幌(日本) (2010)

全立体角Geスペクトロメータを用いたJ-PARC/NNRIでの\(^{244}\)Cm及び\(^{246}\)Cmの中性子捕獲断面積測定
木村 敦、太田 雅之、大島 真澄、北谷 文人、金 政浩、小泉 光生、後神 進史、藤 暢輔、中村 詔司、原田 秀郎、古高 和禎、井頭 政之、片渕 竜也、水本 元治、木野 幸一、鬼柳 善明、高宮 幸一、福谷 哲、藤井 俊行、堀 順一
日本原子力学会2010年秋の大会, 札幌(日本) (2010)

即発\(\gamma\)線測定による\(^{74}\)Geの中性子捕獲断面積
原 かおる、金 政浩、大島 真澄、木村 敦、小泉 光生、藤 暢輔、中村 詔司
日本原子力学会2010年秋の大会, 札幌(日本) (2010)

JRR3とJ-PARCにおけるMPGA開発
藤 暢輔、古高 和禎、原 かおる、原田 秀郎、木村 敦、金 政浩、北谷 文人、小泉 光生、中村 詔司、大島 真澄、村上 幸弘
2010日本放射化学会年会・第54回放射化学討論会, 吹田(日本) (2010)

ITER-TBMにおける増殖機能部の研究開発,1; 側壁内部における並列多流路管内の冷却材流動解析
関 洋治、吉河 朗、江里 幸一郎、廣瀬 貴規、谷川 尚、鈴木 哲、榎枝 幹男、谷川 博康、大図 章
日本原子力学会2010年秋の大会, 札幌(日本) (2010)

核子移行反応で生成されるアクチノイド原子核の核分裂片質量数分布
西尾 勝久、西中 一朗、光岡 真一、牧井 宏之、古高 和禎、若林 泰生、高橋 竜太、石井 哲朗、千葉 敏、廣瀬 健太郎、大槻 勤
日本原子力学会2010年秋の大会, 札幌(日本) (2010)

加速器高速中性子源を利用した新しい\(^{99m}\)Tc製造サイクルの開発,1
金 政浩、初川 雄一、永井 泰樹、原田 秀郎、瀬川 麻里子、落合 謙太郎、高倉 耕祐、今野 力
日本原子力学会2010年秋の大会, 札幌(日本) (2010)

多重\(\gamma\)線による迅速・非破壊・高感度微量元素分析法の開発
大島 真澄、藤 暢輔、小泉 光生、金 政浩、原 かおる、木村 敦、古高 和禎、中村 詔司、村上 幸弘、須志田 一義、小島 徳久
日本化学会第4回関東支部大会(2010), つくば(日本) (2010)

Isotope production for medical usage using fast neutron reactions in JAEA
Y. Hatsukawa, Y. Nagai, M. Segawa, T. Kin, H. Harada, O. Iwamoto, N. Iwamoto, K. Ochiai, K. Takakura, C. Konno
240th American Chemical Society National Meeting & Exposition, Boston(U. S. A.) (2010)

共鳴領域中性子を利用したイメージング技術の開発
瀬川 麻里子、甲斐 哲也、篠原 武尚、原田 正英、及川 健一、前川 藤夫、大井 元貴、酒井 卓郎、松林 政仁、呉田 昌俊
J-PARCイメージングライン研究会, 東京(日本) (2010)

Development of pulsed neutron imaging system using a high-speed video camera
M. Segawa, T. Kai, T. Shinohara, M. Harada, K. Oikawa, F. Maekawa, M. Oi, T. Sakai, M. Matsubayashi, M. Kureta
3rd Workshop on Neutron Wavelength Dependent Imaging (NEUWAVE-3), Sapporo(Japan) (2010)

レアメタル再資源化に向けたJ-PARCを用いた元素識別センシング技術
呉田 昌俊
科学・技術フェスタ in 京都; 平成22年度産学官連携推進会議, 京都(日本) (2010)

Preliminary experiments on energy selective neutron imaging using Bragg edge transmission at NOBORU in J-PARC
M. Harada, K. Oikawa, T. Shinohara, T. Kai, K. Sakai, M. Oi, S. Takata, K. Aizawa, F. Maekawa, M. Kureta, M. Segawa
3rd Workshop on Neutron Wavelength Dependent Imaging (NEUWAVE-3), Sapporo(Japan) (2010)

Development of total absorption detector using clover detector for \(Q_{\beta}\) measurements
H. Hayashi, M. Shibata, M. Asai, A. Osa, M. Oshima, A. Kimura, M. Koizumi, T. Sato
International Conference on Nuclear Data for Science and Technology (ND 2010), Jeju(Korea) (2010)

\(^{237}\)Npの高速中性子捕獲断面積の測定,2; 弥生炉Gzホールでの照射
中村 詔司、初川 雄一、藤 暢輔、木村 敦、原田 秀郎、石渡 祐樹、安見 厚志、仲川 勉、間渕 幸雄、斉藤 勲、岡 芳明
日本原子力学会2010年春の年会, 水戸(日本) (2010)

高強度パルス中性子源を用いた革新的原子炉用核データの研究開発,3; 捕獲断面積測定用全立体角Ge測定器の特性
大島 真澄、太田 雅之、北谷 文人、木村 敦、金 政浩、小泉 光生、後神 進史、藤 暢輔、中村 詔司、原田 秀郎、古高 和禎、加美山 隆、木野 幸一、鬼柳 善明、古坂 道弘、井頭 政之、片渕 竜也、水本 元治
日本原子力学会2010年春の年会, 水戸(日本) (2010)

高強度パルス中性子源を用いた革新的原子炉用核データの研究開発,5; 全立体角Ge測定器を用いたJ-PARCでの捕獲断面積測定
木村 敦、太田 雅之、大島 真澄、北谷 文人、金 政浩、小泉 光生、後神 進史、藤 暢輔、中村 詔司、原田 秀郎、古高 和禎、井頭 政之、片渕 竜也、水本 元治、木野 幸一、加美山 隆、鬼柳 善明、平賀 富士夫、古坂 道弘、堀 順一
日本原子力学会2010年春の年会, 水戸(日本) (2010)

\(^{238}\)U(\(^{18}\)O,\(^{16}\)O)反応による複合核\(^{240}\)U\(^{*}\)の核分裂確率の測定
西尾 勝久、西中 一朗、光岡 真一、牧井 宏之、古高 和禎、若林 泰生、高橋 竜太、石井 哲朗、千葉 敏、廣瀬 健太郎、大槻 勤
日本原子力学会2010年春の年会, 水戸(日本) (2010)

JRR-3のC3冷中性子導管直管部の輸送効率向上のための計算,1
田村 格良、新居 昌至、米田 政夫、佐川 尚司
日本原子力学会2010年春の年会, 水戸(日本) (2010)

JRR-3高性能減速材容器の温度評価
新居 昌至、田村 格良、米田 政夫、峯島 博美
日本原子力学会2010年春の年会, 水戸(日本) (2010)

高強度パルス中性子源を用いた革新的原子炉用核データの研究開発,8; (\(\gamma\),n)逆反応を用いたSe同位体の捕獲断面積研究
北谷 文人、後神 進史、原田 秀郎、秋宗 秀俊、宇都宮 弘章、豊川 弘之、山田 家和勝
日本原子力学会2010年春の年会, 水戸(日本) (2010)

パルス中性子によるエネルギー選択型シングルTOFイメージングの開発
瀬川 麻里子、呉田 昌俊、小瀬 裕男
京都大学原子炉実験所中性子イメージング専門研究会, 熊取(日本) (2010)

2009

中性子を利用した自動車における環境技術開発
久保 純、久保田 悠美、岡田 晃典、呉田 昌俊、飯倉 寛、鈴木 裕士、齊藤 徹
日本中性子科学会第9回年会, 東海(日本) (2009)

GPGPUによる4次元中性子トモグラフィの高速処理
呉田 昌俊
サイエンティフィック・システム研究会合同分科会2009年度会合, 神戸(日本) (2009)

Preliminary research for iridium in cretaceous-tertiary boundary clay using multi \(\gamma\) ray detection
T. Osawa, Y. Hatsukawa, M. Koizumi, M. Oshima, Y. Toh, A. Kimura, K. Furutaka
4th International Conference of Asia-Pacific Symposium on Radiochemistry (APSORC '09), Napa(U. S. A.) (2009)

Application of triple \(\gamma\) coincidence in prompt \(\gamma\)-ray analysis and neutron activation analysis
M. Oshima, Y. Toh, Y. Murakami, Y. Hatsukawa, T. Kin, A. Kimura, S. Nakamura, M. Koizumi, K. Furutaka
4th International Conference of Asia-Pacific Symposium on Radiochemistry (APSORC '09), Napa(U. S. A.) (2009)

中性子3次元CTによるビジュアルセンシング技術の開発
瀬川 麻里子、呉田 昌俊
第29回日本核医学技術学会総会学術大会, 旭川(日本) (2009)

Measurements of neutron capture cross sections using a 4\(\pi\)Ge spectrometer at the J-PARC/MLF/NNRI
H. Harada, K. Furutaka, S. Goko, A. Kimura, T. Kin, F. Kitatani, M. Koizumi, S. Nakamura, M. Ota, M. Oshima, Y. Toh, M. Igashira, T. Katabuchi, M. Mizumoto, M. Furusaka, F. Hiraga, T. Kamiyama, K. Kino, Y. Kiyanagi, T. Fujii, J. Hori, K. Takamiya
3rd Joint Meeting of the APS Division of Nuclear Physics and the Physical Society of Japan (Hawaii 2009), Waikoloa(U. S. A.) (2009)

高速中性子を用いた天然Coからの\(^{59}\)Fe生成法
瀬川 麻里子、金 政浩、初川 雄一、原田 秀郎、永井 泰樹、落合 謙太郎、高倉 耕祐、今野 力
第29回日本核医学技術学会総会学術大会, 旭川(日本) (2009)

高速中性子を用いた核医学用核種\(^{45}\)Ca, \(^{45}\)Ti, \(^{132}\)Cs及び\(^{133}\)Xeの製造研究
初川 雄一、原田 秀郎、永井 泰樹、瀬川 麻里子、金 政浩、今野 力、落合 謙太郎、高倉 耕祐、岩本 修、岩本 信之
第49回日本核医学会学術総会, 旭川(日本) (2009)

DT中性子を用いた新しいRI製造法のための\(^{99}\)Mo生成量測定
金 政浩、瀬川 麻里子、初川 雄一、原田 秀郎、永井 泰樹、落合 謙太郎、高倉 耕祐、今野 力
第49回日本核医学会学術総会, 旭川(日本) (2009)

高速度ビデオカメラを用いたパルス中性子イメージング技術開発, 2
瀬川 麻里子、甲斐 哲也、酒井 卓郎、篠原 武尚、中村 龍也、松林 政仁、原田 正英、及川 健一、前川 藤夫、大井 元貴、呉田 昌俊
日本原子力学会2009年秋の大会, 仙台(日本) (2009)

\(^{99}\)Tcの高速中性子捕獲断面積の測定
中村 詔司、初川 雄一、藤 暢輔、木村 敦、原田 秀郎、石渡 祐樹、安見 厚志、仲川 勉、間渕 幸雄、斉藤 勲、岡 芳明
日本原子力学会2009年秋の大会, 仙台(日本) (2009)

京大炉LINACにおける\(^{238}\)U中性子捕獲反応測定
後神 進史、大島 真澄、北谷 文人、木村 敦、金 政浩、小泉 光生、藤 暢輔、中村 詔司、原田 秀郎、古高 和禎、井頭 政之、片渕 竜也、水本 元治、堀 順一
日本原子力学会2009年秋の大会, 仙台(日本) (2009)

J-PARC/MLFビームラインBL04における中性子スペクトルの測定
太田 雅之、大島 真澄、北谷 文人、木村 敦、金 政浩、小泉 光生、後神 進史、藤 暢輔、中村 詔司、原田 秀郎、古高 和禎、井頭 政之、片渕 竜也、水本 元治、加美山 隆、木野 幸一、鬼柳 善明、平賀 富士夫、古坂 道弘
日本原子力学会2009年秋の大会, 仙台(日本) (2009)

STELLAを用いて測定した\(^{108}\)Pd(n,\(\gamma\))反応の実験データによる核準位構築; 自動核準位構築法の適用とその結果
金 政浩、大島 真澄、原 かおる、木村 敦、藤 暢輔、小泉 光生
日本原子力学会2009年秋の大会, 仙台(日本) (2009)

STELLAを用いた\(^{74}\)Ge(n,\(\gamma\))\(^{75}\)Ge反応測定
原 かおる、大島 真澄、木村 敦、金 政浩、小泉 光生、藤 暢輔
日本原子力学会2009年秋の大会, 仙台(日本) (2009)

Ge検出器及び金箔を用いたJ-PARC MLF BL04ビームラインにおける中性子捕獲断面積の試験測定
木村 敦、大島 真澄、太田 雅之、北谷 文人、金 政浩、小泉 光生、後神 進史、藤 暢輔、中村 詔司、原田 秀郎、古高 和禎、井頭 政之、片渕 竜也、水本 元治、加美山 隆、木野 幸一、鬼柳 善明
日本原子力学会2009年秋の大会, 仙台(日本) (2009)

多重即発\(\gamma\)線分析法の宇宙地球化学的試料への適用
渡部 良、大浦 泰嗣、海老原 充、大島 真澄、藤 暢輔、木村 敦、小泉 光生、古高 和禎、村上 幸弘
2009日本放射化学会年会・第53回放射化学討論会, 東京(日本) (2009)

高速中性子を用いた医療用RIの製造研究
初川 雄一、橋本 雅史、永井 泰樹、金 政浩、瀬川 麻里子、原田 秀郎、今野 力、落合 謙太郎、高倉 耕祐、岩本 信之、岩本 修
2009日本放射化学会年会・第53回放射化学討論会, 東京(日本) (2009)

JRR-3高性能減速材容器の強度評価,2
新居 昌至、田村 格良、米田 政夫、峯島 博美
日本原子力学会2009年秋の大会, 仙台(日本) (2009)

大口径(12インチ)NTD-Si半導体製造で用いる熱中性子フィルターの特性解析
米田 政夫、馬籠 博克、佐川 尚司
日本原子力学会2009年秋の大会, 仙台(日本) (2009)

JRR-3における垂直照射孔での燃料燃焼に伴う中性子束分布の評価
高橋 広幸、米田 政夫、和田 茂
日本原子力学会2009年秋の大会, 仙台(日本) (2009)

LCS\(\gamma\)線を用いた\(^{77}\)Seの光核反応断面積測定
北谷 文人、原田 秀郎、後神 進史、秋宗 秀俊、宇都宮 弘章、豊川 弘之、山田 家和勝
日本原子力学会2009年秋の大会, 仙台(日本) (2009)

中性子を利用した可視化・計測技術; 産業利用・異分野連携の推進について
呉田 昌俊
潤滑油研究会, 東京(日本) (2009)

Pulse neutron imaging experiments in the first year of J-PARC
T. Kai, M. Harada, K. Oikawa, K. Sakai, F. Maekawa, M. Oi, T. Shinohara, K. Aizawa, S. Takata, M. Arai, M. Segawa, M. Kureta, T. Sakai, R. Yasuda, H. Iikura, H. Hayashida, M. Matsubayashi, Y. Kiyanagi, T. Kamiyama, M. Furusaka, F. Hiraga, K. Morita, H. Sato, O. Takada, S. Burkhard
2nd Workshop on Neutron Wavelength Dependent Imaging (NEUWAVE-2), Abingdon(U. K.) (2009)

JRR-3を利用したMo-99製造の概念検討
広瀬 彰、米田 政夫、木名瀬 政美、反田 孝美、佐川 尚司、和田 茂
第46回アイソトープ・放射線研究発表会, 東京(日本) (2009)

高速度ビデオカメラを用いたパルス中性子イメージング技術開発,1; ビーム特性評価のためのシステム検討
呉田 昌俊、甲斐 哲也、酒井 卓郎、瀬川 麻里子、篠原 武尚、中村 龍也、松林 政仁、原田 正英、及川 健一、前川 藤夫
日本原子力学会2009年春の年会, 東京(日本) (2009)

3"\(\times\)3"LaBr\(_{3}\)(Ce)検出器の高エネルギー\(\gamma\)線に対する性能試験
原田 秀郎、瀬川 麻里子、永井 泰樹、北谷 文人、藤 暢輔、大島 真澄、松江 秀明、谷村 嘉彦、古渡 意彦、堤 正博、後藤 淳
日本原子力学会2009年春の年会, 東京(日本) (2009)

STELLAを用いたPd-108サンプルからの即発\(\gamma\)線測定
金 政浩、大島 真澄、古高 和禎、木村 敦、小泉 光生、藤 暢輔
日本原子力学会2009年春の年会, 東京(日本) (2009)

即発\(\gamma\)線法によるNi-62の熱中性子捕獲断面積測定
大島 真澄、金 政浩、木村 敦、中村 詔司、藤 暢輔、小泉 光生、村上 幸弘
日本原子力学会2009年春の年会, 東京(日本) (2009)

クーロン励起による\(^{102}\)Ru低励起状態の研究
小泉 光生、藤 暢輔、大島 真澄、木村 敦、初川 雄一、原田 秀郎、北谷 文人、中村 詔司、古高 和禎、菅原 昌彦、森川 恒安
日本物理学会第64回年次大会, 東京(日本) (2009)

Laser induced vaporization and ionization for subsequent inorganic mass spectrometry
F. Esaka, A. Ozu
Pittcon 2009, Chicago(U. S. A.) (2009)

JRR-3の冷中性子源発生装置用新型減速材容器の開発,1; 耐圧試験
吉永 真希夫、田村 格良、米田 政夫、山本 和喜、佐川 尚司
日本原子力学会2009年春の年会, 東京(日本) (2009)

JRR-3における12インチ径シリコン照射に対する均一照射条件の解析的評価
米田 政夫、山本 和喜、馬籠 博克、一色 正彦、佐川 尚司
日本原子力学会2009年春の年会, 東京(日本) (2009)

シリコン照射専用炉による高品質シリコンの生産性
山本 和喜、米田 政夫、一色 正彦、佐川 尚司、山下 清信
日本原子力学会2009年春の年会, 東京(日本) (2009)

LCS\(\gamma\)線を用いた\(^{76}\)Se, \(^{78}\)Seの光核反応断面積測定
北谷 文人、原田 秀郎、後神 進史、海堀 岳史、秋宗 秀俊、宇都宮 弘章、豊川 弘之、山田 家和勝
日本原子力学会2009年春の年会, 東京(日本) (2009)

\(^{112}\)Cd( n,\(\gamma\))\(^{113m}\)Cd反応の熱中性子捕獲断面積、及び共鳴積分の測定
中村 詔司、原田 秀郎、早川 岳人
日本原子力学会2009年春の年会, 東京(日本) (2009)

Pbの中性子捕獲反応が拓く超金属欠乏星内重元素合成
瀬川 麻里子、藤 暢輔、原田 秀郎、小泉 光生、初川 雄一、深堀 智生、松江 秀明、大島 真澄、永井 泰樹
分野融合型研究会「天体観測,隕石分析,天体核物理学による同位体組成と元素の起源の研究」, 三鷹(日本) (2009)

中性子転換ドーピング(NTD)技術の現状と展望
佐川 尚司、米田 政夫、山本 和喜、一色 正彦
日本学術振興会「結晶加工と評価技術」第145委員会第116回研究会, 東京(日本) (2009)

肺ファントム実験の光子線量の再評価; PHITSコードで計算した質量エネルギー吸収係数に基づく線量換算手法
中村 剛実、米田 政夫、堀口 洋徳、熊田 博明、和田 茂
平成20年度京都大学原子炉実験所専門研究会; 中性子線と荷電粒子線の総合的医療利用に関する研究会, 熊取(日本) (2009)

原子力機構における中性子核科学研究施設
大島 真澄
分野融合型研究会「天体観測,隕石分析,天体核物理学による同位体組成と元素の起源の研究」, 三鷹(日本) (2009)

JAEAにおける4次元中性子CT技術開発の現状
呉田 昌俊
京都大学原子炉実験所中性子イメージング専門研究会, 熊取(日本) (2009)

中性子ラジオグラフィ用マルチピンホールコリメーターの開発
林田 洋寿、瀬川 麻里子、安田 良、飯倉 寛、酒井 卓郎、松林 政仁
京都大学原子炉実験所第43回学術講演会, 熊取(日本) (2009)

中性子入射トランスミューテーションについて
山本 和喜、米田 政夫、佐川 尚司、一色 正彦、山下 清信
第3回中性子制御・産業利用及び第2回レーザー中性子発生合同分科会, 東京(日本) (2009)

レポート・技術開発書類等

2015

PHITSシミュレーション結果の4次元可視化・解析ツールの開発
古高 和禎
JAEA-Data/Code 2014-027 (2015)

2014

試験研究炉における一次冷却水中へのトリチウム放出源に関する検討; JMTR, JRR-3M及びJRR-4運転データから評価したトリチウム放出率
石塚 悦男、本橋 純、塙 善雄、米田 政夫、綿引 俊介、A. Mukanova、I. Kenzhina、Y. Chikhray
JAEA-Technology 2014-025 (2014)

Prompt \(\gamma\)-ray measurement facilities at Japan Research Reactor-3 (JRR-3)
K. Furutaka, Y. Toh, H. Matsue
IAEA-TECDOC-1743, Annex (CD-ROM) (2014)

2012

Proceedings of the 2011 Symposium on Nuclear Data; November 16-17, 2011, Ricotti, Tokai, Japan
H. Harada, K. Yokoyama, N. Iwamoto, S. Nakamura, H. Koura
JAEA-Conf 2012-001 (2012)

2011

Test measurement for investigating fast neutron capture reaction with a LaBr\(_{3}\) detector
K. Hara, H. Harada, Y. Toh, J. Hori
KURRI Progress Report 2010 (2011)

2010

JRR-3を用いた\(^{99}\)Mo製造に関する概念検討
広瀬 彰、米田 政夫、木名瀬 政美、反田 孝美、和田 茂
JAEA-Technology 2010-007 (2010)

中性子フィルタ法を用いたJRR-3均一照射設備高性能化の設計検討; 研究炉を用いたシリコン照射の生産性向上に関する技術開発(共同研究)
竹内 真樹、馬籠 博克、米田 政夫、川崎 幸三
JAEA-Technology 2009-037 (2010)

2009

「連携重点研究」における「多重即発\(\gamma\)線分析研究会」成果報告; 2008年2月19日,東海
海老原 充、初川 雄一、大島 真澄
JAEA-Review 2008-056 (2009)

図書等

2014

半導体製造(シリコンドーピング)のための研究炉
米田 政夫
原子力・量子・核融合事典,4, pp.136–137 (2014)

受賞

JNST Most Cited Article Award 2017
JENDL-4.0: A New Library for Nuclear Science and Engineering
K. SHIBATA, O. IWAMOTO, T. NAKAGAWA, N. IWAMOTO, A. ICHIHARA, S. KUNIEDA, S. CHIBA, K. FURUTAKA, N. OTUKA, T. OHSAWA, T. MURATA, H. MATSUNOBU, A. ZUKERAN, S. KAMADA & J. KATAKURA

平成29年3月28日
第49回日本原子力学会・技術賞(特賞)
「実廃棄物ドラム缶中のウラン量を高精度で計量可能とする革新的非破壊測定技術」
大図章,米田政夫,呉田昌俊,中塚嘉明,中島伸一

平成28年4月12日
文部科学大臣表彰 科学技術賞 研究部門
原田秀郎,木村敦,藤 暢輔

JNST Most Cited Article Award 2015
JENDL actinoid file 2008
O. Iwamoto, T. Nakagawa, N. Otuka, S. Chiba, K. Okumura, G. Chiba, T. Ohsawa & K. Furutaka

平成27年度日本原子力学会 技術開発賞
日本原子力研究開発機構原子力基礎工学研究センターNRD合同開発チーム,EC-JRC-IRMM NRD合同開発チーム,日本原子力研究開発機構核不拡散・核セキュリティー総合支援センターNRD合同開発チーム
(pdf)

平成27年度 日本原子力学会核データ研究部会 学術賞受賞
77Se(γ,n)断面積測定と79Se(n,γ)断面積の不確かさ評価」
北谷 文人

平成26年度核物質管理学会日本支部優秀論文賞受賞
「高速中性子直接問いかけ法によるウラン廃棄物中のウラン量測定の実用化研究」
米田 政夫, 大図 章, 在間 直樹, 中塚 嘉明, 中島 伸一, 高瀬 操, 春山 満夫, 呉田 昌俊
核物質管理学会(INMM)日本支部第34回年次大会論文集(インターネット), 9 Pages, 2013.

平成25年度核物質管理学会日本支部優秀論文賞受賞
「ウラン廃棄物ドラム缶のNDA測定の高度化計画; アクティブ中性子測定の導入」
在間 直樹, 中島 伸一, 中塚 嘉明, 門 一実, 春山 満夫, 高瀬 操, 大図 章, 呉田 昌俊
核物質管理学会(INMM)日本支部第33回年次大会論文集(インターネット), 8 Pages, 2012.

平成25年10月1日 理事長表彰 研究開発功績賞
「大強度中性子ビームを用いた244Cm及び246Cmの中性子捕獲断面積の高精度化研究」

平成24年度核物質管理学会日本支部優秀論文賞受賞
「NDA用ZnSシンチレーション中性子検出器開発計画」
呉田 昌俊, 曽山 和彦, 瀬谷 道夫, 大図 章, 春山 満夫, 中村 龍也, 藤 健太郎, 坂佐井 馨
核物質管理学会(INMM)日本支部第32回年次大会論文集(インターネット), 9 Pages, 2011

平成24年度日本原子力学会賞(論文賞)受賞
Neutron-capture cross-sections of 244Cm and 246Cm measured with an array of large germanium detectors in the ANNRI at J-PARC/MLF,
J. Nucl. Sci. Technol. 49, [7], 708-724 (2012).

平成23年10月
独立行政法人 日本原子力研究開発機構 理事長表彰 研究開発功労賞
「Geスペクトロメータを適用した革新的中性子捕獲微分断面積測定技術の開発」
核データ測定技術開発グループ 

2011年03月28日
2011年度日本原子力学会技術開発賞 受賞
「大強度パルス中性子を適用した中性子核反応測定装置の開発」
(北大,東工大との共同受賞)

プレス発表

平成28(2016)年 6月24日
ウラン廃棄物を封入したドラム缶中のウラン量を定量する非破壊測定装置の実用化に成功
-保障措置用として査察(検認)活動へ運用開始-
(人形峠環境技術センターと共同)

平成27(2015)年 3月6日
粒子状の複雑な混合物中のウラン・プルトニウム量を非破壊で測定できる基礎技術の開発に成功
—実証試験を欧州委員会共同研究センター(EC-JRC)と共同で実施—
(EC-JRC との共同研究)

平成26(2014)年 12月10日
「J-PARCがもたらす新たな元素分析法−大強度パルス中性子による迅速・高精度分析−」
(首都大との共同研究)

平成26(2014)年 5月2日
原子力施設の解体物などを詰めたドラム缶中に偏在するウランの総量を非破壊測定する技術を実証
(人形峠環境技術センターと共同)

平成24(2012)年 11月6日
2億1500万年前の地層から巨大隕石衝突の証拠を発見
〜隕石衝突と生物大量絶滅の関連性の解明に期待〜
(鹿児島大ほかとの共同研究)
(pdf)

平成22(2010)年 5月12日
世界最高性能の中性子核反応測定装置(愛称:ANNRI)が本格稼働
 − キュリウム同位体などのマイナーアクチノイドやテクネチウム同位体などの長寿命核分裂生成核種の中性子捕獲断面積測定に道 −
(北大ほかとの共同研究)

平成22(2010)年 3月11日
40Ar(アルゴン−40)の超変形状態観測に世界で初めて成功
 - 中性子過剰な原子核での異常変形状態の 発生メカニズム解明に迫る -
(東大ほかとの共同研究成果)

特許

「核分裂性物質量の測定方法,および測定装置」, 特開2014-174123, 出願日2013/03/12.

「微粒子検出装置及び微粒子検出法」, 特開2014-190902, 出願日2013/03/28.

「核種組成分析装置,核種組成分析方法」, 特開2013-120123, 出願日2011/12/7

「流体中微粒子のX線検出法」, 特開2011-145162, 出願日2010/01/14,U. S. 8744042(米国特許)

「レーザー誘起蛍光強度の減衰率比較によるアスベスト識別法」, 特開2010-71982, 出願日2009/8/7

「単位面積あたりのレーザー誘起蛍光量を指標とするアスベスト識別法」, 特開2010-71981, 出願日2009/8/7

「レーザー誘起蛍光を用いたアスベスト判定方法」, 特開2009-58472, 出願日2007/9/3

「多重ガンマ線測定による3次元キューブを用いた高感度核種分析方法」 特許4406686  登録日 平成22年11月20日

「多重ガンマ線検出による高感度核種分析方法」 特許4543195  登録日 平成23年7月9日